ひょうし/小説を書こう
こ の 中 に い ま す
作:大根/中学1年 女子
「あのぅ」
気弱な彼女が話しかけてきたのは、その時からだった。
「なに、三郷さん 急に話しかけてくるなんて  …熱でもあるの?」
三郷…新庄三郷は、精一杯首を振ってから言った。
「今日の放課後に…ミニルームにきてください」
ミニルーム、というのは、生徒が軽く喋ることができる部屋だ。使われていない教室をリメイクして作ったらしい。
「まぁ暇だし…いいよ」
私は答えた。今日は特になにもない日だ。彼女の顔が少し上がった。
「本当ですか」
私はもう一度頷く。
「いいって言ってるじゃん 放課後にミニルームだね」
三郷の顔がこちらを始めてむいた。よく見ると可愛くて、思わず目をそらしてしまう。
「ありがとうございます…では」
彼女は足早に立ち去っていった。
「…変なの」
三郷とは何の接点もなかったのに、なんで急に話しかけてきたんだろう。

私は、坂田麻里。中学1年生である。三郷も同じだ。クラスメイト、というものかな。そのくせ、三郷とはあまり話さない。私に特殊な能力とか、期待しないでよね。ただの平凡な女の子なだけだから。



三郷は、クラスメイトになった時からおどおどしていた。みんな友達を探すのに必死なのに、三郷は誰にも話しかけようとしない。話しかけられないのかもしれないが。私にも、よく話すような友達はいない。話しかけてくれれば話すけれど、人間には興味がないので、自分から話しかけるのはやめていり。そんな感じで、半年を過ごしてきた。


「来てくれてありがとうございます」
三郷は、約束通りミニルームの隅に1人待っていた。
「それで、話ってなんなの?」
私の口調に彼女はびくっと肩を震わせた。
「す…すみません」
足が震えているのがわかる。私ってそんなに怖かっただろうか?
「あの、山下遥さんのことなんですけど」
山下遥…聞き覚えがあった。確か、不登校になっている女の子だ。理由は特に分からないが、学校に来ない。
「あぁ不登校の子?それがどうかしたの?今日も来てなかったけど…」
「きてます!」
初めて三郷の大きな声を聞いたので、今度は私の肩が飛び上がった。
「来ているんです」
まだ、三郷の声は戻らない。
「彼女は来れないんです 行けないんです」
その時の私は混乱していて、彼女が同じ意味の言葉を繰り返していることに気がつかなかった。
「ど…どうして?」
私は焦って聞いた。
「悪口を言われているんです」
心底おどろいた。山下遥が悪口に打たれることなんてないと思っていたのだ。
「あのいつもにこにこしている彼女が?悪口で?」
私の心は声に出てしまった。
「はい…彼女は悪口を言われるせいで…」
三郷は言葉を濁した。そりゃそうだ、同じことをさっきも言っていたんだから。
「来れないんです!」
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう