ひょうし/小説を書こう
終幕
作:湊/中学2年 女子

「誰もいなくなっちゃった」

彼女はさみしそうにつぶやいた。僕はフードを深く被る。言葉は発さない。

「もう、いいかなぁ、なんて思うんだよ」

彼女は少しだけ悲しそうに、目を細める。

「あの人は、死んじゃったのかな、あの人も、どうしてるんだろ」

私のことなんて忘れて、楽しくやってるといいけど。
彼女は呟いて、立っている僕の隣にべちゃりと座った。
夜明けが近いのか、空はうっすらと赤みを帯びていた。

「ねぇ、あんたは、幸せだったの」
「んー、まぁ」
「ふーん。短い人生だったねぇ、お互いに」

ぽふ、とフードごしに頭を撫でられる。

「神オタク女子高生の白雪リンはここでおしまい」

僕の頭を撫で回す彼女は、

「おしまいかぁ」

ゆっくりと、

「おしまい、」

名残惜しそうに、

「おしまいは、やだなぁ」

笑った。





ばあん。

何かが破裂したような音が鳴り響く。目を見開いて辺りを見回すと、世界は朝焼け色から透明に変わっていた。透き通るような白色。


「あはは、おしまいみたいだね」
「…………ねぇ、白雪リン」
「ん?」
「君は、幸せだったのかい」


そう訊くと、彼女は朗らかに笑ってささめいた。


「それなりに」




ぱんっ、音を立てて彼女の体がはじけ飛んだ。彼女から溢れたのはカラフルな液体。色たちは彼女からこぼれてびちゃりと床に跳ねた。






透明な世界の中で僕は目を閉じる。


「これでよかったんだよね」


もう返事をしない彼女に問いかける。鼻がツンと痛んで、瞼の裏が熱くなる。
パーカーのフードがずり落ちて耳が露出することなど、もう気にしていられなかった。


「君は、狡いよ」






涙が滲んで止まらないのは、たぶん、彼女のせいではないだろう。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう