ひょうし/小説を書こう
問題だらけのオオカミ少年と魔女1
作:ゆず/6年生 女子
1:わがやは今日も大騒ぎ
「ただいまー」
家に入るとグツグツと音がして、いいにおいがする。キッチンに行くと、ママが鼻歌を歌いながら指を動かす。ママの目線の先には包丁が勝手に動いたりって。
「ちょっとママー、人に見られたらどうするの。」
するとママは笑いながら答えた。
「大丈夫よ。この時間、ご近所さんはみんな窓を閉めてるし。」
ママはいつも明るすぎてこの調子。ほんっと困るなあ。
あ,自己紹介しておくね。私の名前はせいら。さっきのママの行動で分かった人もいるかもしれないけど、私の家系は代々魔女なの。え、私は魔女かって。そ、それはまだだけど。ママいわく、私はまだ修行が足りないって。早く私も、魔法使ってみたいなー。
「ねえせいら。今日の晩ご飯、ビーフシチューだけど食べるってパパに聞いてきてー。」
ママが指を動かしながら言った。もう、自分で言えば良いのに。
パパは、いつも2階でパソコンを打ってる。って言うのも、パパは小説家なの。いつもご飯いらないって言うの。大変らしいんだ。
私は、パパの部屋の前に立ってノックをする。
「どうぞー。」
部屋のドアを開けるとパソコンを打つ音。
「今日のご飯いる。」
「いるー」
私とパパはリビングへ行く。すると、突然「ドカン」という、大きな音が聞こえた。
「ごめーん、ビーフシチューなくなっちゃった。」
この騒動のせいで、我が家の晩ご飯はコンビニ弁当になっちゃいました。

<BR>
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう