ひょうし/小説を書こう
怪物(3)
作:yunaー (̂•͈Ꙫ•͈⑅)̂୭*゚/6年生 女子
〜乱〜
小三の三学期、もう少しで四年という所で転校をした。そこで一気に乱れてしまった。父親は働くようになったが、直ぐに辞めてしまい、また引きこもり状態になってしまった。母親はバイトを掛け持ち、ほぼ家に居ない。土日などは2日連続でお菓子以外何も食べないという状況も多々あった。
母親が乱れてきた。
働き過ぎなのか、他に何かがあるのか……後にその理由は知ることになる
今までは頼りないけど優しいお母さんだったのに、180度変わってしまった。"母親"である前に、"女"であるようになった。メイクは濃くなり、金遣いが荒くなっていた。休みの日は「友達と出かける」と言って、どこかに行ってしまう。週に一回は洋服が宅急便で届き、月に2回美容院に行って1万5000円のヘア染めをする。生活に余裕がある訳では無い。むしろキツキツだった。電気代や家賃もまともに払えてなかった。なのに、お金は母親の娯楽へと注ぎ込まれていた。
家が荒れてる中で、学校では何も起こしてはならぬまい。と、注意深く学校では生活していたのだが、(;−ω−)ウーンやっぱりダメだった。生徒会長や代表委員を積極的に行ったのが間違いだった。目立ってる奴がいじめの的にならない訳が無いのだ。俺の変な正義感が自分の首を締めていた。
いじめが無く、平等なクラスを目指していたのに…みんなの距離が縮まるようなレクをしたはずなのに、みんなを思って発した言葉のはずなのに……全てが間違いだった。
日に日にエスカレートして行く暴言、暴力。1日3回は学校で泣いていた。またあっちにいた時と同じポジションに戻ってしまった。だんだんとリ○カが増えて行く。


〜1月3日〜
これは突然の出来事だった。
母親が離婚を申し出た。
母親の裏の顔が次々と暴かれていく。
外食ばっかりしてたのは、"カード"があったから。しかも、父親名義。父親は68万の借金を背負っていた。
父親が引きこもっていたのは病気だったから。統合失調症。仕事が出来る状態では無いと医師に判断されていたため、仕事をしていなかった。だが、家に保険金の15万を入れていたという。全て、父親を悪者に仕立てる為の嘘だった。
母親の変化は"男"の存在があったから。"友達"とは男の事だった。
その他にも、色々な事実が明かされて行った。
絶望した。
信じてたのに。
裏切られた。
こんな家庭状況で授業がまともに頭に入る訳もなく、不登校になった。
家庭の事だから誰にも相談できなかった。
カウンセリングも受けたが、全く役に立たなかった。
結局言われるのは「夫婦の事だから子供は関係ない。」
なんだよそれ。
不幸に不幸が重なって
最悪な状態で1年がSTARTした
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう