ひょうし/小説を書こう
恋情拒否
作:まかろん/大人 女子
(3)
柚希は私の目を真っ直ぐに見つめる。
「あ、あの、私の顔になにかついてる?」
私は既存の表現を使い、柚希の心境を探ろうとした。
柚希は気遣いが上手い。何気ない行動も褒めてもくれる。
私はそんなを失わない為に必死だった。
私《茂住千春》の存在を大きく仕立て上げてくれたのも彼女だった。
だから今度は私が支えになろう。そう考えていた。

「千春ちゃんは今日も美しいな、ってね。」

わざとおどける君が大好きだ。
けれど私は何故か不安になってしまうのだ。その笑顔は生き抜く為だけにある仮面であって、その下で何かよからぬ事を考えているのではないのかと。
「やだなあもう。ゆーちゃんったら。」
私はそんなことを考えながらへらへらと返事をした。
柚希が一旦何かを言おうとして言葉を呑み込んだのを私は見逃さなかった。
だけどそれを問う勇気がなかった。
私は柚希のどんなことでも受け入れるんだ。
そうしなきゃ私はきっと嫌われてしまう、怖さと後ろめたさに私は微笑んだ。

チャイムが鳴ると柚希が立ち上がる。
不意に見た、彼女の片手に持たれた本の題名は「嫉妬」であった。
私は漠然とした恐ろしさを感じてドキッとした。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう