ひょうし/小説を書こう
自殺したい僕の話
作:シャ・ノワール/中学1年 女子
僕は生きている。

朝起きて、一通りの家事をして、寝る。

この繰り返しだけど、今の生活の楽しさに気がついた。

幸せ

個の感情を持つのは初めてかもしれない。

できることが増えるごとに喜んでくれる人がいる。

お姉さんにシェフさん。

これからもずっと一緒にいてください。





君は知っている?

この世に永遠など存在しない。

僕は知らなかった。

幸せは続くと、信じていたから。





ある日、お姉さんが遅くまで帰ってこなかった。

帰ってきたのは夜中の2時すぎ。

「僕、お姉さん転勤になっちゃったからさ、5年くらいシェフさんと暮らしていてね?約束は守ってね。テレビは見ちゃダメだよ!」

こんなに怖いお姉さんは初めて見た。
 
「う、うん、分かったよ。」

お姉さんはそれだけ言うと、家から出ていってしまった。

2時だからと思い、寝ようとしたが眠れない。

シェフさん寝れないよー

「シェフさ,,,。」

シェフさんはテレビを見ていた。

シェフさんは泣いていた。

シェフさんは呟いた。

「なぜいつもあいつばっかり,,,なぜ私は,,,。」

聞こえてきたテレビの音は少しだけ。

「誘拐」
「山本佳奈」
「僕」
「青木湊」

僕の名前!?

って言うことはお姉さんは山本佳奈という名前なのか?

お姉さんは,,,山本佳奈は逮捕されたのか,,,?

つい、ドアを開けてしまった。

「山本容疑者は他にも誘拐事件を起こし、殺害、死体遺棄をしたとして、調査をすすめ」

パチッ

電源が切られてしまった。

「見たのか?佳奈にダメと言われたろう?」

「ごめんなさい。今のは何の事件だったの?」

知らない振りをして立ち去った。

きっとそのうちこの家にも警察がくる。

僕は家に帰らされる。

シェフさんが捕まる。

お姉さんとは、もう2度と会えない、そんな気がした。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう