ひょうし/小説を書こう
コードブルーオリジナル小説9
作:あやぴょん/中学1年 女子
藍沢side

そんなに熱もないし、今日は家に帰ることにした。

白石「大丈夫?家まで帰れる?」

藍沢「大丈夫だ。家にぐらい帰れる。」

緋山「道わかんなくなったりして笑笑」

白石「ちょっと緋山先生!からかうのはやめてあげて!」

緋山「あ〜白石が藍沢庇った!あんた、藍沢のことすk・・・」

白石「やめて!そんなんじゃないから。ただの緋山先生への注意ですー!」

また始まった、白石と緋山のケンカ。

藍沢「・・・そろそろ帰ってもいいか?」

白石「あっ、ごめん!じゃあちゃんと休んでね。」

緋山「仕事してたらぶん殴るからね〜!笑笑」

こうして2日後には仕事に復帰しました。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう