ひょうし/小説を書こう
すきだから。
作:めい/中学2年 女子

チュンチュン

朝のすずめの鳴き声てとともに目覚ましが鳴り響き

私の一日は始まった。

「今日はテストか」

私はなんとなくそう思いベットから寒そうに起き上がった

私は中学一年生の那奈絶賛片想い中の普通の女の子


長い髪の毛をといてうがいをし、ごはんを食べて

またコテで髪の毛をまっすぐにし前髪をシースルーにして

ちょっとティントを塗り制服をきた私は友達からの

ラインで家からでた

実は私の好きな人と家はめっちゃ近くていつも一緒にいってる



小学生の頃からずっと一緒に行
ってる

朝から好きな人にあえるなんて毎日が楽しくて仕方がなかった

ソノコノ名前は悠翔 優しくてカッコいい

空の上の存在のすきな子と毎日学校に行ってるのはたまらないことだ。

むこうは私の気持ちに気づいてないんだろうな…

これだけ好きなのに。

ゆうと
ななー!
既読 なに?


ゆうと

暇やからラインでしてみただけ(笑)

既読 そうなんね!笑


ゆうと

おう笑笑

既読 なんしよると?


ゆうと

俺?勉強!!!笑 既読 絶対うそ。爆笑


ゆうと

なんでばれたん笑笑 既読 ゆうとがするはずないな
って思ったらから。


ゆうと

それひどすぎね??笑
俺もするときはするよ爆笑 既読 はいよ!笑


ゆうと

俺もう寝るわ!!(笑) 既読 うん!おやすみ


ゆうと

おやすみ!

すきだそ。笑 既読 あっうん!ありがと

うちもすきやわ爆笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まさかゆうとからすきだぞっとかくるわけ。


何回も見直したけどすきだそだった。


嬉しくてたまらないや。



おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう