ひょうし/小説を書こう
土曜日
作:グレッグパクル/1年生 女子
やっと新学期さいしょの週がおわったんで、きょうはおそくまでねてた。

土曜の朝、ボクの知ってる子はたいていアニメが見たくて早おきするけど、ボクだけはちがう。
週末は、口のなかのネバネバにたえられなくなるまで、思うぞんぶんねることにしてる。

ところがパパは、何曜日だろうとかんけいなく6時おきなんだ。
ボクはふつうの人間だから、土曜のお休みを楽しもうとしてるのにさ。
パパったら、ぜんぜんわかってない。

きょうはそのあと、やたらヒマだったからロウリーの家にあそびにいった。

今のところロウリーは、ボクの親友ってことになってるけど、この先も親友でいるかどうかわからない。

ボクは、登校さいしょの日に、ロウリーがうざいことをしたんで、それいらい、自分からそばにいかないようにしている。
その日の授業がおわって、みんなとロッカーからにもつをだしてたら、ロウリーがきてボクにいったんだ。
「ねえ、いっしょにあっそぼー!」
もう6年生なんだからさ、「あっそぼー!」じゃなくて「家に来いよ」とかいえばいいのに、、、。
少なくとも1000000000回は、教えたはずだ。
ロウリーは、ボクが何度も頭をぐりぐりしておしえたって、かならずわすれちゃうんだ。

ボクは6年生になってから、イメージアップを心がけてる。
なのにロウリーといっしょだと、その努力もだいなしになるんだ。

ロウリーは、何年か前にこのへんに引っこしてきて、それて゛ボクと友だちになった。

そのころのロウリーときたら、「新しい学校でのお友だちのつくり方」って本をママに買ってもらったばかりで、ボクの家にくるたび、本にでているダサイおやじギャグをれんぱつしてた。

なんだかやたらとロウリーが気になってさ、ボクがめんどうみてやろうなんて思っちゃったんだ。
たしかに、ロウリーがそばにいると、けっこうおもしろい。
だって、ボクが兄ちゃんにされたことを、そのままロウリーあいてに、実験できるんだもん。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう