ひょうし/小説を書こう
オオカミ女とウサギ男 最終回
作:のの/6年生 女子
 俺はもう二十六歳。だから花も二十六歳。で、なんだって?おいおいちょっとは察しろよー。あんなー、俺は花と結婚してな、こど
「パパー!」
 じゃ、じゃまをされてしまったが、ちょうどいいところにやってきたな娘よ。…おお。やぁっとお分かりいただけたか!?そう、俺は花と結婚してな、子供ができたんだ。まあまあデカいぞ。八歳だかんな。
「ママ、今日赤ちゃん連れてくるんでしょう?女の子なんでしょう?」
 楓(娘の名前だ)はピョンピョンはねながら言った。今日は楓の妹兼俺と花の第二の子供がやってくるのだ。楓と同じくらい俺もドキドキしていた。
きききききーっ。
「ママだよママだよ。」
 うずうずする楓のもとに、赤ちゃんを抱えた花がやってきた。
「はい、赤ちゃん。名前は平香。へいちゃんて呼びましょうね。」
 大騒ぎする楓に一発けりをいれる花。オオカミママになった。
「ごめんなさぁい。」
 花はにっこり笑い、中に皆で入った。俺は甘やかしパパだからみっちり叱られることもしばしばある。けれど俺は幸せだ。

「私平治くんがすきなの」

そのせりふから始まった、きらきらな毎日が。


                                    エンド
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう