ひょうし/小説を書こう
ゆくラボ
作:前へ進もう/3年生 男子
一年生
一年の時は音読をしたくないと心で思っていたので、20回ちょっとしか、していませんでした。
音読をしたのは、夏休みだけ。
その時の心は覚えていません。
二年生
二年では、音読をあまりにも、頑張りました。
ほぼ、土日以外はしていました。
千回は余裕で超えていました。
けれども、土日も音読しているお友達がいました。
その人に見習い、口から炎が出る位、頑張りました。
(例えは下手です、、、。すみません。)
三年生
三年では、土日も音読と言う習慣を始めました。
そうしたので、とても音読の合計回数が増えて、クラス一になりました。
とても、満足に音読をしていました。
長い物語を読んだり、短い詩をゆっくりと読んだりしていました。
以上、音読物語でした。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう