ひょうし/小説を書こう
ドS執事×ツンデレ王子のCastleLOVE Clown×5
作:紫吹桜/大人 女子
「ん――…。」
隣国メルモティに向かう際、アレンスに仕えるカイン・ティ・ライトアモルは悶絶していた。

王子がっ……王子がっ………

隣 で 寝 て い る ! ! ! !

いや隣で寝ることはもう日常茶飯事なのだが外でこんなに積極的な王子は見ない。
己の肩にもたれ、可愛い寝息を立てている。

カインは喜びと興奮を噛み締め、我慢できないという風に足をバタバタさせた。

そっと王子の顔を覗き込む。

やはり美しい顔だった。
(可愛い…。)
不意にカインはある策を練りだした。
ハンカチを取り出す。
口元の涎をぬぐうふりをして、カインは自らの唇を愛しい恋人の唇に近づけた。

ちゅっ

唇を離すと、真っ赤になったアレンスの顔が見える。
「………もしかして王子、狸寝入りですか?」
「……っそう、だよ」
わりぃか、と上目遣いで見てくる恋人。
「へえ、随分と可愛いことしてくれるじゃないですか。」

腰を引き寄せ、愛しくてたまらない恋人の唇を、離すことなく、熱く接吻を交わした。

「ん………っ」
「…王子。」
「や、やめろ、恥ずかしい。ここ何処か分かってんのか!!」
「…つれないなあ、王子…。」

じゃあ、夜になったら、いいですよね?

「それは、別に、いいけど。」
「………。」
「なんだよ。き、気持ち悪い目で見てくんな…うおっ!?」
「王子。ちょっと私我慢が出来ないので、声抑えててもらえますか?」
「は!?ちょ、ま、何言って……!」

お外で恥ずかしいと思ってるなら、どれだけされても、声、抑えられますよね?

<あとがき>
大変お久しぶりでございます!!!!
いやすいません誰も覚えてないし何より知りませんねごめんなさい()
紫吹桜ですー!元Candy(今もやってはいます←)です
あ、こっから長くなるので嫌な人はブラウザバックお願いしまーす
えー、つい前まで、ねこぴーの存在すら忘れかけるほど多忙の日々でした!
何か夏休み入ったのになんか宿題に無駄に襲われてて(意味深)誰か助けてください
小説を書く暇もなく、占ツクも全く更新していない!
リア友どもはめちゃくちゃ夏休み充実しまくってるそうですよー(都内行ったり家でゴロゴロしたり)私なんかつい最近部活終わったばっかりだわぼけ←
明日から一週間部活の休みまるまる旅行だわぼけ
今だって午前三時半を迎えようとしてるんだぞ(深夜テンション)
いやぁ、声を我慢して抑えてる受けってめちゃくちゃド性癖なんですけど分かってくれる方……い、いるよね!?(震え声)
まあぼちぼち更新していきますよ(フラグ)(大嘘)(お前黙っとけ)
私のこと覚えてる方お願いしますメッセが欲しいんですお願いします許してください(何をだ)
あと新参者仲良くしてぇぇぇぇぇぇ
高校の中間で赤点二つ、期末で四つ取ったバカだけど仲良くしてぇぇぇぇ
でも相変わらずの荒らしが居て「まだいたのか死んだんじゃねえの」って思いましたね(ニッコリ)
テンションヤバいし寝なきゃいけないのでさすがに(-_-;)
みんな!本当に、本当に、勉強したほうがいいよ……!特に高校推薦取ろうと思ってる子は!舐めプしてたら高校生活おわるぞ……()
長文失礼しました。アドバイスコメントメッセージ、お待ちしております!
そしてTwitter→@sakurafunky
ついったは毎日浮上してますハイ。
ではでは!バッハハ〜イ!(久しぶりだなこれ)
PS
がんえんさんと黒さんが番外編のほうでコメくださったので、返しました。ぜひ見てくださったら嬉しいです
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう