ひょうし/小説を書こう
散る桜と一緒に捨ててきました。
作:がんえん/中学3年 女子

驚きなことに、私はお前と13年間弱も一緒にいたようです。それこそ今くらいになれば一緒にいるも何もないけど、幼稚園から今までずっと同じだったのはお前以外いなかったという事実。皮肉なものですがね。
幼稚園なんてクラス一回しか同じじゃなかったけどバス停でよくわかんない遊びしてたり。小学校はまあ単学級だったから同じなのは当然だけど。中学もなんか気づいたら生徒会長とかなってるし。小学校の頃学級委員やりたくないって言って泣いてまでいたのにw
今になったから言うけど、本当に13年間楽しかった。
考えてみてすごいと思うでしょ?15年の中で13年。きっとお前にはこの重大性も感動もわからないんだろう。
本当に最後だから言うけど、私にとってお前は最高の友達だと思ってました。
なんて顔見てなんか死んでも言わないけど。
なんで「思っていた」っていう過去形なのか、そんなこともどうせわからないんでしょう。
じゃあ、今までありがとう。
元気でね。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう