ひょうし/小説を書こう
叶わぬ恋。
作:丸。/6年生 女子
彩花 「好き…あなたのことが好きなの。」
勇気 「…俺もなんだ。」
彩花 「えっ⁉じゃあ、付き合ってくれるの?」
勇気 「…ごめん。それはできないんだ。」
彩花 「どうして? 私達、両想いじゃん!」
勇気 「俺だって、彩花とずっと一緒にいたいよ。でも…俺、アメリカに留学するんだ。」
彩花 「…え?うそでしょ? …あっ、でも、勇気は勉強熱心だし、自分の恋よりも勉強を優先する
よね。」(涙がこぼれる。)
勇気 「俺だって、本当は彩花とずっと一緒にいたいよ。けど母さんと父さんが決めたんだよ。」
彩花 「それならしょうがないよね。」(泣きながら行ってしまった)

彩花の家
彩花 (どうすればいいの、私。勇気のために、好きな気持ちを押さえるか、自分のために好きな
気持ちを押し通すか。)



つづく。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう