ひょうし/小説を書こう
ドS執事×ツンデレ王子のCastleLOVE 〜バレンタインは甘い夜と共に〜
作:紫吹桜/中学3年 女子


リファルル帝国第一王子、アインスは今、とんでもない悩みを突き付けられていた。


(明日って、バレンタイン、かよ………っ!)

別に、バレンタインが嫌いだから、条件反射で悩んでいるわけではない。

(カインに、あ、ああ、あげるのか……!?)

考えるだけで顔がホカホカしてしまうのはきっとヒーターのせいではない。きっと。

(…………ッ、)

悩んでてもしょうがない。そう言って立ち上がったカインは自分の部屋に取り付けられているキッチンに向かった。


2月14日。


バレンタイン。


この日だけ、甘酸っぱい魔法がかかったかのように、世界一面、幸せな魔法がかけられる。

この国では、性別関係なしに、『感謝の気持ち』を伝えるために、チョコレートを買って渡したり、作って渡したりする。

リファルル帝国のメインストリート、フィラスストリートの一角。

ショコラトリー フィアーレ。

バレンタインはおろか、連日人が賑わう老舗チョコブランド、モルカッティアではなく、


彼――――カインはこの店に惜しげもなく通っていた。


「あら、今年も…こんなバレンタインに人の来ない店にようこそ。」
ニッコリと笑うショコラティエは「何にいたしますか。」とカインの目を見て言う。

彼はこの店のチョコが好きだった。

勿論…モルカッティアのチョコもすごく好きなのだが……ここのチョコとは違う。

モルカッティアのチョコは何というか…悪く言えばきれいすぎるのであった。

まるで見本のような味に人々は虜になるのかもしれないが―――。

彼は、ここのような、複雑な味のする、想像力を刺激されるようなチョコのほうが好きだった。

「その…大切な人に、此処のチョコをあげたいなと、思って。」

両親たちの分は、モルカッティアで既に購入している。

(父上と母上は、モルカッティアのチョコが好きだから。)

でも、大切な人には、自分の一番好きなチョコをあげたいと思っていた。

「へえ…じゃあ、こんなのどうですか?」

そう言って差し出されたチョコは、箱の中に16個の生チョコが入っている。

(―――なんだかわからないけど、王子に似合うチョコに感じる。)

ふいに彼は、聞いてみたくなった。

「チョコって、作る人によって味が変わると思いませんか?」
「…え?」
「ほら、チョコって買ったものはともかく、手作りって、作った人の気持ちがそのまま味に出てるような気がするんですよ。思いませんかね?」

ショコラティエはしばらく黙り込んでいたが、

「ええ、そうですね。作る人によってその味は変わります。貴方を見てると解ります。モルカッティアのチョコはどれも同じようなチョコでできているような気がするとね。だから、ここのようなチョコが好きなんでしょう?」
貴方を見れば分かります、とショコラティエは笑った。
「大切な人にあげたいんです。このチョコ一つください。」
「はい、かしこまりました。」
ラッピングされていくチョコレート箱を仰ぎ見て、カインは店内を見渡してみた。
人が混雑しているモルカッティアには無い光景だ。
まるでそこの場面だけ切り取ったような、穏やかな時間が流れている。

「あ、これおまけで。」
そう言って袋の中に何かを入れた。
「それは…?」
「ザッハトルテ。お湯でナイフを温めてから切ってくださいね。」

このザッハトルテ、硬いから表面のチョコレートを溶かしながら切るんですよ。

そのほうが美味しいですから、と念を押したショコラティエは、袋を手渡して、

「ありがとうございました。」

そう言って笑った。

「ああああああどうしよおおおお………。」
カインが帰ってくる15分前、アインスは一人悶絶していた。
(母上や父上、カリンにまで普通に渡せるのに……!いざカインとなると…。)

ドキドキと甘い鼓動が胸いっぱいに響き渡るのだ。

(ああ…俺どれだけカインが好きなんだよぉ……。)
「王子――――ただいま戻りま―――」
「うわああああああああっ!?」
「ど、どうしました、王子……?」
慌ててチョコをサッと後ろに隠す。
「なーに隠してるんです?」
「なっ、何にも……!」
「嘘はいけませんよ王子。」
そう言ってつうっとアインスの腰を撫でる。
「ひゃ…ひゃぅ……ッ」
「ッ………!王子、此れって……。」
「あ、あああああああ!そ、そそそ、それは……!」
「これ、もしかして私に……?しかも、手作り…………?」
「お、俺だって、毎年チョコ作ったりするんだから―――むぐぅ!?」
いきなりカインに抱きつかれ、カインが涙ぐみながら言う。
「王子……っ!私今日すごくうれしいです………!」
「えっ、ええっ?」
「あの…私も実は、王子に……。」
自分が一番好きなチョコレートなんです、と付け加えて袋を渡した。
「フィアーレ…?聞いたことないブランドだな。」
「はい、私、モルカッティアよりも、断然好きなチョコです、本当に。」
それよりこの美味そうなガトーショコラ、食べちゃっていいですか、と問う。
「いや、別にいいけど……。俺も…カインから貰ったチョコ嬉しい!ありがと!」
屈託のない笑顔で笑って見せた。
「王子…やっぱり狡いです、貴方は……。」
そう言ってチョコを口にほおばる。


そのチョコの味は、苦みがあって――その裏には、苦みにも負けない甘さが隠れていた。


「じゃあ、」
フワッと王子を姫抱きにする。
「え、え、ちょっと待ってカイン。えっ?」
「だって、今日はバレンタインですよ?甘ーい甘ーい王子も、食べたいと思うのが、」



道理でしょう?




「ちょ、待ってカイン――――」


後にカインの手によって、アレンスがおいしく頂かれてしまったのは、言うまでもない。


<あとがき>
ほのぼの(*^-^*)(大嘘)
占ツクではぁ……如何食べられたか書きますね(笑)
いやぁ……本当駄文&長文で申し訳ない…。
まぁ、今度からは引き続き、本編のほう書いていきたいと思います!
皆さんは、チョコ好きですか?
私の中学はチョコは持ち込み禁止になっていて……。
小学校の頃はよく持ち歩いてたんですけどね(笑)
まあ、あげる人もいないし、もらう人もいないんです。
Twitterのフォロワーさんにバーチャルチョコ11個貰っただけですハイ。
まあ、よいバレンタインを!コメント感想アドバイスその他モロモロ何でも構いません。
ではでは紫吹桜でした〜!バッハハ〜イ!
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう