ひょうし/小説を書こう
#jumpで妄想 告白の仕方
作:イチゴジャム/5年生 女子
涼介の場合
山「○○、」
 「ん?」
山「俺、こんな可愛くて、優しい○○となら、幸せになれると思う。
  だから、結婚してください。」
 「はい!」
山「大好きだよ」ちゅっ

大貴の場合
有「やっぱり○○のご飯は美味しい」
 「そう?ありがとう」
有「他の人にも美味しいって言われたことある?」
 「ん〜ないかも。」
 「どうしたの?」
有「やぁ〜こんなに美味しいご飯毎日作ってくれたら幸せだな〜と思って。」
 「それって…」
有「僕と結婚してください。」
 「はい!」

慧の場合
 「慧〜起きて〜」
伊「ん〜もう朝?」
 「そうだよ」
伊「じゃあおはようのキスして」
 「えっ…///」
伊「あれ?俺ら結婚したんじゃないっけ」
 「何言ってるの?付き合って6か月のカップルだよ」
伊「えっ!そうなの?じゃあ結婚しようよ。
 「えっ」
伊「そしたら、おはようのキスしてくれるでしょ」
 「う、うん」
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう