ひょうし/小説を書こう
京都算段梯子  最終回
作:雪塩/中学3年 女子
由香と小太郎が籍を入れて1か月後子供が出来たのだ。名前は長女梨亜と次男智宏にした。可愛い2 人と愛した旦那に囲まれて毎日の日々を過ごしてる。
ただ由香が言いたかったことはこれだけじゃない!
皆に伝えたいことがあるからだと由香が小太郎に言った。
それは由香が小太郎を愛しすぎたからだ。
梨亜は言う[ママはパパのこと好き?]と聞いてきたのでうん好きと答えた由香。
とても、小太郎が言う[梨亜ちゃんと勉強しないとお受験受からないよ。一緒に勉強しようか?]と聞くと梨亜は言う当然了解するに決まっている。
智宏は、思春期でスマホを持ちたがる。小太郎に聞いた。子供たちが後15年で大人になるから、その時に新婚旅行へ行こうといってくれた。由香は小太郎と京都で知り合い
滋賀県でケンカして由香の友人の友梨に助けてもらいとやって来た。
2人の新婚旅行は京都へ行き再び結婚式を挙げた。

終わり

皆さんお話はいかがだったでしょうか?
次回からの話もぜひ見てくださいね新番組に変わります。
京都算段梯子を愛して下さった皆様ありがとうございました。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう