ひょうし/小説を書こう
不思議な世界。ー
作:はるかりん/4年生 女子
「よーい、スニャート!」

二人はいっせいに飛び出した。

2人が最初に着いたのは、ハロウィンマーケット。
此処は、普通のマーケットと似ていて肉、魚、野菜、お菓子などが売られている。


「どこにあるかな?」
2人はそう思った。

肉売り場、魚売り場には無かった。

「次は、野菜売り場を探すぞー!」
と、心音は言った。

キャベツ、人参、じゃがいもなど、色々な棚を探したが、無かった。
「無いねー!疲れたー!」
心音は言った。

「心音さん!見て!ありましたよ!」
「え!?どこ!?」

そこは、胡瓜売り場だった。

「合ったー!良かったー!」

そして、2人は次の目的地に行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
あとがき

また、話が続く😅
感想、アドバイスをくれたら嬉しいです😊
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう