ひょうし/小説を書こう
花束の言葉
作:雪塩/6年生 女子
兵庫県神戸駅家への前に1人の女の姿があった。名前は、木下彩良高校2年生。
彩良が神戸に来たのは今から2年前、父の転勤が多く。福岡や熊本や東京の学校を転々と
してきた。最後の転勤は兵庫県だった。そこの高校での友達が加代子で、彼氏が健斗だった。
ある日、家に帰ると父が仕事をしていた、私がこう言う「父さん?ただいま!」と言う。
父は、「うん、お帰り」と言うとまた仕事を始める父。母は、専業主婦だった。
彩良が11時に就寝を終えると母が私の部屋へきて言う「彩良?学校は楽し?」と言っている。
次の日学校へ行くと健斗が来て言った「加代子が貧血で倒れた、今保健室にいる。」と言って
彩良は急いで保健室へと加代子が来て言った「ありがとう、健斗に聞いたんでしょ、部活、
頑張りすぎちゃったかな」と言う弱気な発言に彩良は言う「加代子は、負けてない。」と言うと
加代子は、「だって、将来真子選手みたいになるから」と言い保健室を出て行くと鞄を持ち
教室へ行くと加代子はクラスメートからペンキをかけられた。顔も制服もペンキだらけ。
急いで担任の尚子先生が来て言いました「加代子は、朝から貧血で倒れたのよ。そんなのに、
教室に来てペンキだなんて」と他のクラスメートに言うと健斗が言いました。
「加代子は将来陸上選手になろうと頑張ってる。それを−にするような事はやめてくれ」と
健斗が言うと加代子は立ち上がり健斗に言う「健斗!もういいから、やめて」と言い自分の、
ペンキの就いた制服を拭きながら言いました「これ、スライム?」と言いクラスメートに聞くと
皆がいきなり「ドッキリ大成功」と言い盛り上がった。放課後、彩良は健斗から早めのタンプレ
貰った。中身はティファニーのペンダント。彩良は絶対大事にすると誓いました。
そして、素晴らしいスクールライフを送ることができた3人でした。


終わり

おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう