ひょうし/小説を書こう
狼女と狼男
作:うか/5年生 女子
私の名前はりる。狼だ。狼男にも出会い、仲良くなった。
「^りる、かえるぞ」
彼は大野翼。狼男だ
「はあい」送り迎えは翼の仕事。
「翼、春菜は?」
いつものようにだまったまま。
「聞いてる?」
えっ?泣いてる?翼が・・・・・・
「ごめん・・・かえる・・・」
「翼・・・翼!」
苦しい思い・・・。春菜は、どこ?
もしかして・・・・・。
次の日
「翼、春菜、帰ってきた?」
「いや・・・・・」
私の考えが、合っているのならば・・・・・・。
「・・・ねえ、春菜って・・・」
「死んだ・・・・・。」
やはり・・・・。私の思ったとうりだ。
今まで泣いたことの無い翼。かわいい・・・・。
「・・・・・っ!」
「泣いていいよ・・・・。」
力強く抱きしめた。
「俺・・・・・・・・」
「?」
「俺、りる好き」
「えっ」
それからめでたく付き合うことになった。



おわり
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう