ひょうし/小説を書こう
ラッキーぷりんせす♡ゆうやけに消えたかのじょ
作:♡りん♡/ようちえん 女子


「さようなら」


そうつぶやいて、かのじょはきえた。

ぼくのよこをおいこしていくかのじょのシャンプーのせいけつなにおいがぼくのはなをくすぐった。

ゆうやけにたんたんとあるいていくかのじょのうしろすがたはとてもうつくしかった。


「いかないで」


そのことばはのどにつっかえたまま、はっせられることはなかった。

てをのばしてもきみにはとどかなかった。

まばたきをしたら、きみのうしろすがたはみえなくなった。




ーー



いつのひか、きみにわかれをつげられたかえりみち。

ここにくるたびにあのときのことが、ついさっきのことのようによみがえる。

あのときのことをおもいだすだけでむねがくるしくなるから、このみちはきらいだ。


かなしくじてんしゃをもってあるいていく。

かぜがふいた。

あのときの、かのじょのシャンプーのにおいがした。

ふりかえるともしかしたら、もしかしたらかのじょがあるかもしれない。

ふりかえらなかったらこうかいするきがして、うしろをふりかえった。

めのまえに、まっかなゆうひがひろがった。



おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう