ひょうし/小説を書こう
何故流されるのか【リク作品】
作:エノモン氏/中学1年 男子
人は何故「周りに流される」のか。

人間は実に不思議な生き物だ。

「皆と違うと変な人扱いされる」「周りと同じがいい」
などと沢山意見があると思うが、それはあくまで個人の偏見であり、必ずしもそうとは限らないのだ。

初志貫徹を目指したい物だが、自分に自信が持てない人や、意見を持たない人は無理だ。
簡単なアンケートをしてみる。
どうでも良い題でも、「周りと同じがいい」という者が出てくるに違いない。

然し、初志貫徹にはメリットもありデメリットもあるのだ。
言いたい事をずけずけと言う人は自分を貫けているが、それこそ周りに嫌に思われるかもしれない。

僕は周りに流されるのが丁度良いとも思う。
然し大事を迎えた時に自分の意見が言えないだろう。それでは駄目である。
然しそこに強者がいるとすると、自分のの意見を無理矢理押し通しても強者の意見を受け入れるだろう。
又は横に勢力を持つ強者がいると自然に同情してしまうかもしれない。

中には強者の意見に反対すると罰を受ける事もある。
そこを直すと意見を言える人が増えるかもしれない。

人間は実に不思議な生き物だ。

《アトガキ》
エッセイ(もどき)完成。
じっくり考えましたが、そこまで大作でもありませんでした☆←
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう