ひょうし/小説を書こう
あなたの事を愛しています。1話
作:シオネ/中学3年 女子
兵庫県神戸市に住んでいた里山舞香がいました。舞香は、中学から付き合ってた聖弥くんと付き合っていました。舞香は、聖弥くんとの同居をずっと夢見ていたのですが聖弥は、同居だけは嫌な人だったので舞香は、言いました。「来週、結婚式を挙げるんだよ!どうするの?」と聞くと聖弥は、言います「結婚しても、俺は舞香の事を当然愛してる!でも、同居はしない!」と言いました。次の朝、聖弥が、舞香の家へ行くと舞香は、留守にしてました。聖弥は、鍵を持ってたので入ると紙には、こう書いてありました。「福岡の実家へ帰ります。」と書いてあったので聖弥は、急いで福岡の実家へ行くと舞香が、ウエディングドレスを着て座り混んで泣いていました。舞香のお父さんは、言いました「舞香は、もう神戸には、帰らんと言っておる」と聖弥に、お父さんは言うと聖弥は、舞香に謝った。すると舞香が聖弥を別の部屋に連れていき舞香の着ていたドレスを脱ぎはじめた。聖弥は、舞香に聞きました。「舞香!何をするつもりだよ!もう昔みたいな事やめろよ!」と言うと舞香は、言います「一回だけキスをしてくれたら兵庫に戻る!」と言ったので聖弥は、キスを舞香にると舞香の手を握り空港へむかった。無事に式を挙げる事ができたのか?
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう