ひょうし/小説を書こう
幽霊別世界
作:のの/5年生 女子
私は、元人間。今さらだけど、12年間のいじめを理由に自殺した。だから、今は別世界だ。ここは「幽霊別世界」というそうだ。まだ成仏していない、死んだばかりの幽霊たちのくらす場所。現世では先輩幽霊たちが、天国に行くため、人や動物に恐怖をあたえている。
ー私は、地獄に行く運命じゃなかったの?ー
一瞬そう思った。天国、地獄以外にも、死後があったなんて…!雪女、鬼、口裂け女、唐傘お化けなどになる幽霊たちもいる。
ー夏ー
皆が怪談を始める季節。まだこの「幽霊別世界」には慣れない。そんな時、私は雪女として暮らすように、と告げられた。私は大きな穴に落とされた。

目を開けると、雪景色だった。そんなとき、夏を思い出す。
(もしかして、私は雪女だから、冬じゃないと生きていられない?)
「寒い…っ。はあはあ…。」「私は、幽霊。見られない…。」
寒さに凍え、弱りきった私…。誰も止まることはない。誰か助けて…。

幽霊別世界にいつの間にか帰っていた。
「あなたに雪女は合わないのね…。何がいい?」
「生きていなくてもいいの?生まれ変わるみたいなのでも?」
「ええ、いいけれど。」
私、分かった…。ここ(幽霊別世界)より大切な場所…。
「元いた家族の子供。」
幽霊別世界に来るのは、ちゃんと寿命で死んでからにするよ。現世で幽霊にあったら、話しかけるようにするよ。

ー終わりー
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう