ひょうし/小説を書こう
猫と吊り橋〜番外編〜   のつもりが…
作:hemu/中学3年 女子
お久しぶりです、皆様!今回は、結構前に終わった「猫と吊り橋」の番外編だよ!いやぁ…随分と間が空いてしまって申し訳ない…とまぁ、そんなことは水に流して、楽しんでください!!!!


















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そう、ホントはね、やろうと思ったの。でもね、結構前に終わったからね、あのね、そのぉ…お恥ずかしい話…自分の頭の中でできていた設定がね、そのぉ…ね?忘れちゃったんですよ…テヘペロ☆
ホントは、あの謎の少年の解説をしようと思ったんですぅ!でも…なんか…自分の中で…「もういっか!きっと誰も見ないし、疑問になんか思ってないよ!うん!」っていう、謎の諦めが出てきてしまって……諦めました☆
いや、ホントに、怒られても仕方ないと思ってる!でも、もう…忘れてください…もう、「あの少年は誰だったのか!それは、誰も知らない……(作者も)」っていう風にしといて!お願い!
ほんっっっっっっっっっっっっっっっっっっっとうに、ごめんなさい!















よし、謝ったし、次回作の告知をさせてもらうよ!
え、「おいコラなにコロッと告知しようとしとんのや。お前ホントに反省しとるんか?(#^ω^)」って?いや、もちろんしてますよ?でも、いつまでも引きずるわけにいかないし…だから、ね?お願い!告知だけさせて!
………ありがと!そんな君が大好きだよ!
で、はい。告知させてもらうよ!


次回作「Loneliness」
あらすじ:ある者の手により始まった種族戦争…。彼らは何を望み、殺し合うのか…。そして、その戦争にただ一人で戦う、少女ルナ。彼女もある理由のために力を、刃を振るう―。





公開日:未定














今後も、hemuの作品を読んでいただけると幸いです!よろしくお願いします!
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう