ひょうし/小説を書こう
生き物を大切に
作:はるかりん/4年生 女子
殺処分とは、捨てられた動物、人間に危害を及ぼす動物などを殺す・・・というとっても悲しい事です。

私は猫好きで、友達は犬が好きです。

ある日、歩いていたら動物の鳴き声が聞こえた。

鳴き声に沿って進んでいくと、箱があった。

それを無視するなんて、私は絶対出来ません。

ちゃんと、家まで持って帰って、家族の許可を取って飼います。

もし、自分の家も、友達の家もダメなら、動物の保護施設に預けます。

でも、保護するだけでは、何日かたったら殺処分されます。

殺処分されない為には、施設から引き取る事が出来ます。

このように生き物を大切にしなければいけません。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう