ひょうし/小説を書こう
くろしば
作:たまごかけごはん。/中学1年 女子
 **何年か前にきた黒柴の「クマ」。初めて家に来たときは小さい体を震わせて怯えていたのに、
家族(とくにおばあちゃん)がどんどんおやつを与えていくからブクブク太っていって・・・
 現在、ゲージの中でどっっかりと座っている。確か親から『豆柴よ。』と言われていた気が・・・けど、どう考えてもあいつは豆柴じゃない。『太った柴犬』である。**

クマは黒柴だから夏場はゲージの中で『だらぁぁ』っとしてる。そんなクマを見た家族がゲージの中に氷や犬用アイスをどんどん入れてくからゲージは異様に湿ってる。
私はアイス1日1本。クマは1日2〜3個。

どういうこと・・・・・・?



こんな腹壊しそうな生活してるクマですが、今日も元気です。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう