ひょうし/小説を書こう

作:雪/4年生 女子


        〜始まり〜

登場人物
・花咲 由衣(はなさき ゆい) 主人公。動物が大好き。
・花咲 広渡(はなさき ひろと)由衣の父。猫が大好き。
・花咲 春 (はなさき はる) 由衣の母。犬が大好き。
・小百   (こもも)     花咲家の猫。昼寝好き。
・小春   (こはる)     花咲家の犬。昼寝好き。
・浜宮 光 (はまみや ひかり)由衣の友達。心が広い。
・杉原 達也(すぎはら たいち)由衣の担任の先生。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
雨が降る夜だった。由衣は夜中に目を覚ました。すると、急に地面が揺れた。
「え・・・。地震?!どうしよう・・・。お母さん!お母さん!」
由衣とお母さん達は、部屋が別だ。どうしようと思っていると、

「え・・・?」
急に由衣はベッドから落ちて、由衣は、気を失ってしまった。

「・・・。ここはどこ?私はどうしたの?」
由衣は、病院に運ばれていた。お母さんは涙目で笑っている。
「良かった・・・。由衣、大丈夫?」
「何とか。でも少しくらくらするぅ・・・。」

バタ・・・・・
由衣は、涙目で「生きたい・・・」と言って由衣は「動物と、ずっと一緒に居たい。」
由衣は、しばらくして、由衣は元気になった。でも、しばらく学校は休んだ。

〜命〜

その頃、学校では、友達の浜宮 光は、とても心配していた。先生が、
「今日も花咲は休みだそうだ。体調は良くなってきているようだぞ。」
由衣の体調が良くなって来たそうと聞き、いつも光は安心する。

家では、由衣がお母さんとお父さんと話している。
「私、世の中にでて、堂々と仕事したいの。」
「頑張れ!!」
「お母さんも、お父さんも、応援してるよ。」
由衣は、笑顔でいる。みんな!

〜大人になって〜

由衣は大人になった。由衣は獣医師をやっている。今は、いろんな人にずっと生きる大切さを教えている。














おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう