ひょうし/小説を書こう
3匹のねこー2
作:はるかりん/4年生 女子
それからというもの、あのえさがおいしかったのか。
毎日どころか一日中庭にいる。

「今日からここの家の家族ね」

私はもう一回えさをあげた。
だが、ねこ用のえさだ。

(食べるかな…)

するとねこは食べ始めた。

しばらくして食べ終わると、ねこが鳴いた。
「ミャー、ミャー」

「いいこと考えた!この子の名前はミャーちゃんだよ!」
「ミャーちゃん、これからよろしくね!」

「ミャー」
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう