ひょうし/小説を書こう
付き合って何ですか?3話
作:リオル/中学3年 女子

韓国のキムチ料理店にいる2人は、あっけくハルカから、誤ってくれた。ウ•ジョンは、ハルカの事を初恋の人と言った。ウ•ジョンは、二回目のプロポーズをしたらハルカは、OKしてくれた。ウ•ジョンは、
ハルカの指に指輪をつけてあげてその日は、素敵な日になったウ•ジョンとハルカが婚約したのは、韓国、日本2ヶ国でニュースになった。ハルカは、日本にいる千春にメールしたすると千春は、「おめでとう!ハルカ!やっとできたね!韓国イケメン俳優ウ•ジョンでしょ?」と返ってきた。母、久美子からは、メールでこう来た「ウ•ジョンさん、緊張してたけど大丈夫?」と返って来る。ハルカは、返信で
こう言った「あっ!ウ•ジョンさん?平気平気緊張していたのよ!」と言っておいたハルカ。
婚約して1年後ハルカがウ•ジョンに言った「日本に帰省してみない?母も会いたがってるし!」と言うとウ•ジョンは、「いいですよ!日本行っても」と行ってくれたのでハルカの地元愛知に行って名古屋ドームで野球観戦をして8/4っていう洋服ショップでウ•ジョンの服を選んであげるハルカ。
家に、帰ると母久美子は気合い十分の手料理がずらっと並んでいた。
なかにもウ•ジョンが好きなシャーランタンが好きそうだ。
2日目は、大阪のUSJに行き2人で楽しんで帰ろうとするとウ•ジョンが「こっちじゃないですよ!空港は、あっちですと」言い始めたウ•ジョンにハルカは、言う。「韓国へ帰りたいの?それとも日本?ウ•ジョン!よく聞いて私は、ウ•ジョンが日本にも来たいと言ったからきたんだよ!なのに2日って!何?」と言うと
ウ•ジョンは、言いました「ハルカ!ごめんなさい…僕が悪かったです。でも、僕の気持ちも聞いてください!僕、ハルカの彼氏としてハルカを守ります」と言い張った。ハルカは、涙を流しウ•ジョンに抱きついた。
ハルカは、ウ•ジョンを守りウ•ジョンは、ハルカを守ると2人で誓い家へ戻ると母が言った「ウジョンさん、ハルカをよろしくお願いします。」と言ったのでウ•ジョンは、大好きな日本語でハイと答えた。

これからの2人の恋は、どうなるのか?
        続く
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう