ひょうし/小説を書こう
あなたの言葉一言で私は、変わるの!!
作:シオネ(^_%)/中学3年 女子
ある日、河野愛良がいました。愛良は、中学生1の美少女でした。でも、中学の現実は違いました。
入って1年も経たないうちに3年生の人からいじめにあった愛良。一緒に付き合ってた彼氏も
別れようと言われて別れてしまいました。愛良は、家に帰ると親友の梨佐にLINEでメールを送ったのですが聴読になっていませんでした。
愛良は、翌朝学校に行き梨佐の所へ行くと梨佐は、避けるように行ってしまいます。
そこで元彼であった愁くんに相談すると愁くんが動いてくれたのです。
愛良は、「サンキュー…」と言いました。でも、影で梨佐は見ていました。多分、気になってたのでしょう!次の日、梨佐にメールで送ると返事が来ましたその返事には、こう書いてあったのです、「愛良を避けてごめんなさい!もうしないからね!でも、あれは愛良の彼氏が私にやらせたものだったの!愛良!愁が言ってたよ!俺の再婚相手は、愛良しかいないって!愁と再婚してあげなよ!こらっ早くいってあげな!愁の所に!裏口で待ってるだってよあいつ!」愛良は、メールを見てすぐ裏口へ行ったけど愁はいませんでした。そこであきらめ帰ってると愁が後ろから抱いてきました。
愛良は、「えっ?愁なの?」と言い後ろを振り向くと愁でした。私は、言いました。
「愁の一言であなたと私の運命は変わるの!!」と言うと愁は、「待って!コンビニ寄って愛良家行かない?今夜愛良といたいわ!」と愁は言いました。私は「まぁー中学生だからいいっしょ!」と言いその夜は2人で過ごしました。

「あなたの一言で私の運命は変わるの!!」
その後、今彼とは別れ元彼と楽しく過ごしています。
えっ私をいじめた3年生?あっ退学になったみたい!
梨佐とは、もう5年間の仲です。
みんなの運命をお祈りします。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう