ひょうし/小説を書こう
私のクラスには障害者がいる。
作:黒猫/6年生 女子
私のクラスには
障害を持つ子がいます。

1人目は学習能力低下障害の子、
2人目はパニック障害の子です。

あと1人はみんなと授業するのが
落ち着かない子です。

私は学習能力低下障害の子と
仲のいい友達です。

でも本を読んだりするときは、
途中のくぎりが悪いところできってしまう。

計算もまだ1〜4年生のをやっています。

私はパニック障害の子が
なんだか気になります。
私のとなりの席になっています。

パニック障害の子は
もともとは障害がなく、
授業でも普通に受けていました。

でもお兄さんがパニック障害で
弟にあたってしまい、その子も
パニック障害になってしまいました。

授業をするのが落ち着かない子は
夏休みに自由研究を一緒にやった子です。

話したりもするし、
遠足なのでも一緒にお弁当を
たべたりしています。

この3人はココロの病気であったり、
知的障害とは少し違う障害を持っています。

みんなとは少し違ったりしていても、
クラスのみんなはいつでもこの3人を
受け止めています。

もし自分のクラスにも
こんな障害を持っている子がいたら・・・・・・

おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう