ひょうし/小説を書こう
ひらり。
作:まかろん/中学2年 女子
【No.0_ただの夢】

彼女は微笑む。

綺麗な純白のワンピースを身にまとって。

真っ白い髪の毛に、桃色の頬。
薄いピンクの唇。
サファイア色の瞳。

月の光を浴びて、美しいシルエットが見えた。

ああ、綺麗だな。



不思議な子だな。


でもな。




「ご飯よー!!!」



夢なんだよな。



【No.1_覚めたユメ】

覚めちゃった。

今日も彼女に話しかけられなかったな。

私はベットから降りた。


最近私は同じ夢を何度も見る。

そこには決まって綺麗な女の子が居る。

でも、まだ話しかけたことはない、なぜならすぐに覚めてしまうから。

「今日はパンか。」

呟きながら家の階段を降りる。

階段を、降りると母さんが靴箱の前にいた。

「華音。もう私会社行くからね!」

「はーい。母さん、いってらー!」

母がドアを閉める音。


しかし、『かのん』か。いい名前貰ったな。私。

「早くパン食べよ…」

席に着く。

適当にコッペパンにジャムを塗って口に押し込んだ。

「うわー。添加物の量やば。」

ジャムの原材料名の欄を見て私はゾッとした。

まあ、食べられるからどうでもいいけど。


今日は待ちに待った土曜日。

午前だけ、私は家に1人だ。


「ゲームやり放題〜!!!」


私はすぐにスマホを手に取った。



スマホを初めて2時間位たっただろうか。

私はゲームの自分のレベルを10個上げて、今は、Lv.89だ。


無駄に強い。


課金をせずによくここまで来れたなと思う。


しかしここからがいつもと違った。

スマホが


「バグった!?」


画面が固まったままなのだ。

おいおい。嘘だろ。

スマホが無ければ私はどう生きていけばいいんだよ。

私は失神しかけた。


「う"ぉ"おお"おおお"っ!」


雄叫びを上げ、スマホを片手に転げ回る。

しばらくすると、

「は?」


不意にスマホを見るとバクを通り越し
画面も消えていた。

「え?え?」

電源ボタンを何回も押す。


「つかない…」



遂にぶっ壊れてしまったようだ。


ああ。


「オワタ───。」



私はベッドに横たわった。


することが無い。

ああ、後で修理にだそうか。

「マジ死ねる…」

私は目を瞑った。

不思議と眠くなる。



やば、寝るかもしれないな。





【No.2_覚めるユメ】


そこは真っ暗な世界だった。





「ねぇ。」


あれ?



「もう何回も会ってるね。」

あ、何回も会ってるよね。


「君の夢の中によく出てくるでしょ?」

私の夢の中によく出てくるよね。


「私。」

君。




『っ!?』

ベッドから跳ねるように起き上がる。

瞬間首がバキッと音を立てた。


「今日は喋れた…」

あの子と。


「やったぁあああああっ!!」

私はベッドの上で跳ねまくった。


あれ?

「…スマホ、直ってる。」

って言うか

「電源入ってるんだけど。」

うわ、怖!

と思いつつ。

「ラッキー!」

ついついスマホをいじってしまう。


「おおおお!ついたぁあああああ!」


やったぜ!と私はスマホをかかげた。



大好きよ。スマホ。

愛してる。スマホ。


「スマホ!」


私はスマホにキスした。

傍から見たらただの変態だが、私にとってはそれくらい大事なものなのだ。


5万円したスマホだからな。


「ミルラルラリ-ン!」

アニメのキャラの声が聞こえた。

携帯からだ。

そう。これは私の携帯の着信音なのである。


ちょっと流石に気持ち悪いかな。私。

「べつにいいよね!みるらるらりーん!」

そんなことを思いつつ画面を見る。


メールが届いていた。

「なんじゃこりゃ。」

メールを開く。

そこにはアプリの宣伝が書かれていた。

「陽舞?知らないな。」

ちなみに優しく平仮名もふってあり、『陽舞』は『ひらり』と読むらしい。


「えーっと。」

メールの内容は

『このアプリはこのメールが届いた人にしか無料でダウンロード出来ないアプリです!』

「うわ、怪しい。」


『このアプリは普通だと三百円します!』

「なんでだよ。」


『本当に無料です!もしこれが有料だったら警察に起訴してもらっても構いません!』

「凄いアピールしてる。」



『アプリの説明:これは冒険する、育てたり、高度な知能でお話出来るアプリです。』

「へぇー。」


『とにかくなんでも出来ます。』

「適当やな!」


『是非ダウンロードお願いします!』

「説明短っ!!」






ということでダウンロードしてしまったのだが。


これ、絶対ウイルスとかだろ…。

開けていいのかな。

だがこんな事でくじける私じゃあない。

スッとアイコンを指で押してみた。


アプリが開く。

あれ?

「この子…」

ホーム画面に可愛い女の子が歩いていた。

綺麗な純白のワンピースを身にまとっている
真っ白い髪の毛に、桃色の頬。
薄いピンクの唇。
サファイア色の瞳。


その子は夢の中に出てきた子。

「あれは予知夢だったんだ…きっと。」

その子にタッチしてみると嬉しそうに笑った。

『はじめまして!陽舞です!』

可愛すぎるんだが。

「なるほど!三百円!!」

私は叫んだ。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう