ひょうし/小説を書こう
日記1
作:みるくぱん/中学1年 女子

私はみるくぱん。今から学校の話や家の話を小説にしたいと思います。

皆さんはクラスに「この人イケメン!」って思う人はいますか?

私はいるんですよ〜。

同じクラスの32番の悠真くんって子です。

この人は、のんびり屋さんでかわいい顏をしております。。

理科の授業の時間。実験をした。

その人は実験も真面目っていうかほとんど遊んでるけど、まぁ実験はしてるよね…

その日の勉強は、「力の働き」の実験。

ばねばかりっていう道具で、つりあっている2つの力の大きさを調べるやつで。

2人がばねばかりを持つところで。

私と悠真くんが持った。もう少しで手が当たりそうなぐらいの距離で持ってた。

私は心の中できゃ〜って叫んでた。手が当たりそう〜って。

実験が終わり、先生の声が教室に鳴り響く。

「これで理科終わるぞー姿勢起立。礼。ありがとうございました〜」っとみんなが言う。

男子は誰が先にクラスの戻るかっていうくだらない遊びをしてて。

私はクラスを出ようと思ったら悠真くんの机の中にファイルが残ってた。

私の友達が、ミルク優しいから持ってってあげなよ!そうゆうとこが「モテる」

に、つながるんだよ〜みるく〜。っていって友達は出て行った。

私は「よし!!」持っていこうと思った瞬間。

ファイルを忘れた彼が目の前に立ってた。

「持ってこようとしてくれたの?」って言われて、私は「うん!そうだよ!」

そしたら頭に何かがふれた。それは彼の手だった。

「ポンポンッ」って頭を触りながらいった、「ミルクありがとうな」。
********************************************************************************

これはやばかったっす。好きになる瞬間だったよね。笑

でも優樹がおるけんだめだよね笑  やきもちやいてるよね〜。

                               END

ってやつですけどいいですかね??

経験したやつなんで。

でも優樹がね〜見らんかったらいいけど。

優樹と悠真くん友達だし。

まぁいいや。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう