ひょうし/小説を書こう

作:芯筆/5年生 女子
ちょっとここで、彼女、ユウの行動でも振り返ろうぜ、v( ̄Д ̄)v イエイ!
(今回はふざけてやっていきます)

はーい一個目!

〜国語〜(詩の授業)
俺(アキ)の方が頭悪いからユウとクラスが同じになること滅多にないけど、聞いた話!
金谷ってゆー人の話。あ、ユウは圧倒的文系。

先生「詩 は大体口語自由詩で、今の言葉遣い、形が決まっていないもの。でも、短歌と俳句は昔の言葉、五・七・五で決まってるから・・・」

金谷「文語定型詩!」


先生「はーい正解。」


ユウ「・・・そりゃ逆言えばいいんだから間違えたら恥ずかしいぞ(ボソ」
はーい、しっかりみんなの耳に届きました☆


〜理科〜
問題解き終わった後の話、解説の後。
先生「この問題合ってた人。」

そもそも普通に頭がいい金谷、あと数人と。

なんかユウが合ってたらしい。奇跡や。

で、手挙げる。


金谷「(ユウを見て)奇跡や!」


ユウ「やっかましいわ!」


後書き
ひっでえwww
あ、これ実話ww俺ユウだねw
次回もこんな感じで)
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう