ひょうし/小説を書こう
ニューストーン 1
作:ゆうこりん/大人 女子
〜登場人物〜
みちる・・・新しい星を作る仕事をしている
こうさく・・・みちるの愛人
エリサ・・・みちるの造る星を自分の
      ものにしようとする、炎の女王
その他

第1章
2006年の春。
ある星を作ろうとする女性がいた。
悪い奴ではない。
「あ〜、もう嫌だ〜」
私、安藤みちる。20歳。
「どうした、みちる」
この人は、佐々木こうさく。
私の愛人で、21歳。
「こうさく、どんな星にしようか
 迷っているの〜・・・・・・」
安藤みちるは、新しい星を作る会社、
『チャレンジストーン』で働いている。
こうさくは、本を作るブックブックで働いている。

ある陰ではおそろしい事を考えている奴もいる。
炎の女王、エリサだ。
「私は炎の女王、エリサ。
 チャレンジストーンの星を盗む。
 そして、炎に包まれたすばらしい星に・・・・・」

数日後・・・・
「やった〜!!!!」
「何かあったのか?」
「あのね、星をどんなふうにするかが
 決まったのよ!!!」
「おお、どんなのにしたのかい。」
「チャレンジストーン星っていうの。
 エリサにとられないように罠もしかけたの。」
「いいと思うぞ、その星。」
「こうさくったら!!
 ほめじょうずなんだから!!」

さらに数日後・・・
「社長、星が決まりました。」
「おっ、そうか。どれどれ・・・・」
「エリサに星をとられないように、
 罠も仕掛けておきました。」
「いいと思うぞ、安藤くん。
 これで進めていってくれ。」
「ありがとうございます。」

「どうだったか、みちる。」
「ほめられたわ。これで進めていっていいって。」
「よかったなぁ、みちる。」
エリサはその様子をカメラでみていた。
「安藤みちるさん、ありがとう。
 私の素晴らしき星が出来上がっていくのね・・・」

      続く
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう