ひょうし/小説を書こう
紅目と刀と少年。 ー壱ー
作:ひー/中学1年 女子

「この疫病神が」
「死神」
「面を外せ」

面(めん)代りの紙の前で、様々な声がする。ーーしかし、どれもこれも僕を詰る(なじる)言葉ばかりだ。
そのまま無視を続けて、手に持った鞘の無い刀を弄んでいると、誰かが僕の面を剥ぎ取った。

「五月蝿いよ」

僕は面を剥ぎ取った汚い男を見上げる。男は僕の顔を見ると、

「……ッ赤目だ……本当に………」

と呟いた。そして後ろでまた化物を見た様な顔をしている仲間に叫ぶ。

「赤目を殺せ!!」

赤目、とは僕のことだろう。何故なのか、僕の両目は紅いのだ。僕はうんざりして立ち上がった。と同時に、ほぼ衣服として働いていない着物を着た、いかにも不健康そうな人間達が襲いかかってきた。
僕は刀を一振りして、三人程の手首を斬り落とす。腕を押さえて飛びすさり、痛さに叫んでいる男たちを横目に、呟いた。

「五月蝿いよ」

何故か、繰り返し口に出た。

「……本当に、五月蝿い…」

ここ数日何も食べていないせいか、ひどく目眩がする。それは目の前の村衆も同じだろう。
その村衆たちは、怯えた顔をして硬直したように動かない。いつもそうだ。僕が人を斬るとこんなふうに、怯える。
多数の視線を感じて、余計に気分が悪い。こんなのは慣れて居る筈だ。俯いた顔の横に、括ってもいない長い髪の毛が掛かる。もうこの視線の中に居るのは疲れてしまって、溜息を吐いた。

「………僕から離れないと、こいつらみたいになるよ。ーー尤も(もっとも)、次は命を取る……」

ひッ、と声を上げ、村衆たちは僕の前から立ち去った。僕をチラチラと振り返りながら。僕が少しでも動く度に声を上げる。

ーーお願いだ、そんな視線を僕に向けないでくれ。

切実にそう思う。
僕は崩れるように座り込んで、汚い地面に仰向けに倒れる。

「……………本当に……疲れる…………」

そのまま、僕は疲労とそれによる眠気に沈んでいった。



************



目を覚ますと、もうすっかり日が落ちた後だった。辺りは静まりかえり、遠くから野犬の遠吠えが聞こえる。
喉がひどく渇いているが、起き上がってどこまでも向こうの人里にある井戸まで行くのは面倒だったので、しばらくは此処で寝そべっていよう。

ーー刀(これ)と会ったのは、何時(いつ)だっただろうーーーーーーー。

ふと思い立って、僕は布の巻かれた塚の無い刀身を握る手を強めた。
……確かあれは、八つの時だったか。
赤目だ赤目だと元々騒がれて、村衆から避けられていたため、周りには誰も居なかった。ごみ溜まりの中から適当な着物を見つけて纏い、ぶらぶらと村を徘徊していた。ちょうどその年ーーいや、今もだがーーが飢饉で、何かと僕のせいにされていた気がする。
ある時森を当てもなく歩いていると、途中で行き倒れたらしい旅人が事切れていた。なにか金銭になるものは無いかと彼の物を探ったけれど、めぼしい物は無かった。
興味を無くして立ち去ろうとすると、彼の近くに日の光を受けてキラキラと光る物を見つけたのだ。

ーーそれが、刀(これ)だ。

それから、何となくに振り回していると、それがまるで最初から自分の物だったかのように手に馴染んだ。ちょうどその時は腹が減っていたので、夜、近くの家に忍び込み、その家の者を刀(これ)で殺してからごく僅かな銭を盗んだ。
今も、間違ったことはしていなかったと思っている。罪悪感はない。あれは生きるための判断だった。

僕は刀を杖代わりによっこいしょと身体を持ち上げる。怠くて、身体が重い。これだけの動きで息が切れる。

ーーきっと、もうすぐ死ぬんだろう。

ふと、こんな考えが頭を過った(よぎった)。だからといってどう、という訳ではない。僕が死んだら、ここの村衆は喜ぶだろう。別に、この村の役立ちたいとは思っていないが、何故か笑みが零れた。

ーーそうか。僕は死ぬのか。

まあ、特に思い残すことも無い。
そう思って、また眠気の波に乗ろうとした時、ふと足音が聞こえた気がした。辺りを見回すと、僕の目の前に二つの人影がーー。

「おう。これはこれは。『役に立ちそう』だな」
「そうかねえ。今にも死にそうなんだけど、この餓鬼」

目の前にいたのは、見知らぬ男と。

ーーー黄金(きん)の瞳(め)をした少年だった。





あとがき
どうも、こんにちは、ひーです。
あとがき書くのめっさ久しぶりですね!!!
はい。今回はがんえんさんリクエストの「京(ケイ)の過去編」でした!! リクエストありがとうございます(^^)あ、もうちょっと続きますよ。
タイトルにセンスがありません。悩み悩んだ結果これです。酷いもんすね。誰か良い感じの題名思いついたら教えてくださいな!!
京大好きなんで、楽しく書かせて頂きました。またよろしくお願いします。小説リクエストも募集しております。詳しくは過去の投稿をご覧ください。
ではでは、次でお会いしましょう!!!
コメント、アドバイスお待ちしております(^o^)
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう