ひょうし/小説を書こう
ノーリス探偵事務所
作:おにぎりさん/中学2年 女子
ある日、京都祇園の街角に一件の探偵事務所があった。そこの探偵は日本一有名な探偵事務所である。
そこの探偵の名称はノーリス探偵というのだ。探偵である尚子には試練が1つだされた。
「金閣寺内に爆弾が置かれたという情報が入ったから直ちにに現場へ急行せよ」きた。
尚子は現場へ急行した。すると複数の所に設置されている爆弾。まず尚子は、観光客を避難させ、
園内に犯人がいないか確かめた。すると下を見ると予告状があった。予告状にはこう書いてある。
(2時15分に園内前衛を爆発する)との犯人からの予告状に書いてある。{あと20分しかない}と気づいた尚子は警察に知らせた。現場検証へ行った警察官は思わず物を目にしたのだった。金閣寺の裏側が爆発10分前となっている。尚子は元線を切ろうとするがなかなか切れない。そこで、
犯人がまだ園内にいるという事が携帯で気付いた。でも、手がかりを掴めるのはこの私尚子だけだと!
そこで尚子は思わぬ行動を取った。それは、犯人に直接近づく事だと!
もうこの事件は京都ニュースで報道されていて入り口には報道陣が来てると!
そこで、尚子は犯人と直接対面逮捕をしようと思った。犯人は今まで指名手配されてた男性だった。
確か犯人は、八橋が好きだと言う報道があったからだ。
ノーリス探偵は、逮捕するまでが仕事だ。絶対に犯人を捕まえて見せると言い張り
尚子の探偵仕事は始まって行く。



金閣寺が事件現場となってから1日が過ぎた。尚子は、昨日事件発覚から全然眠れていなかったので
事件現場で尚子は眠そうだ。そこに愁という刑事が来て言った。
「尚子探偵、今日はお世話になります。」と言った愁。でも尚子はウトウトしている。
愁は、怒り反面怒鳴った。するとようやく目の覚めた尚子。愁の格好よさに見とれた尚子は言う。
「愁くんって探偵コンビいけそうね!」と尚子が言うと愁は、顔を真っ青にして言う。
「尚子がそこまで言うならコンビ組んでもいいけど…」と言うと。尚子の顔から涙が流れて来た。
愁は、尚子を姫様抱っこして現場へ向かった。すると犯人はもう身柄を確保される
瞬間に尚子が止めた。でも、警察の人達は尚子の言葉じゃなく服装に問題がありいった。
尚子のスカートが破れていたのだ。でも尚子は、絶対犯人を捕まえると言い張り逮捕しようとする瞬間尚子は犯人からナイフでお腹を刺されたのだ。それに気づいた愁は急いで尚子のそばへ駆け寄った。
「意識のない私を懸命に救おうとする愁は格好いい!」と言い尚子は目を閉じた
しばらくして救急車が来て愁が乗り込み病院へ行って治療する尚子を見て涙を流す愁。
その1時間後尚子は、まだ意識の戻らない。愁は、こう考えた「俺がキスすれば意識の戻るかもと言う
そこでキスをした愁。すると尚子は目を覚ました。愁はすぐ医者を呼び後日退院した。
愁は、退院と同時に尚子プロポーズをした。すると尚子は「うん!愁、私を絶対幸せにして!」と言い結婚した。

続く


私のマイプロフィール紹介〜(^_^)

皆さん、私の話を読んで頂きありがとうございます〜。

早速自己紹介しますとよ!

名前/おにぎりさん

中学/3年生

今日ここまでしか言えんとですよ!

みんなは、USJ行った事ある?

私は、スパイダーマンのアトラクションに発乗りだったとよ!

あと京都にも行って来て清水寺など見てきたとよ!

今度は、三重県に行きたいとよね〜!

みんな!三重県の有名な観光地どこかあると?

まぁ〜調べなくてもいいとけど…!

そんじゃあコメントよろしくお願いします〜。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう