ひょうし/小説を書こう
あの白い家のように!
作:イチゴ大福/中学2年 女子
ある日、宮島恭子がいました。共子は1人で暮らして毎日が大変でした。
その出会いを変えてくれたのが現在夫の翔平である。翔平は言った「お前は…オレの本当の妻か?」と聞くと聞かれると恭子は、「うん」と言う共子のあだ名は共ちゃん。そして2人の間に
娘の紅葉<もみじ>が生まれた。でも共ちゃんは、毎日子育てに大変でした。翔ちゃんは、
マラソン選手で大塚製薬陸上部に、勤務しているため1年に4回程度しか会えない日々が絵を描くように続いてしまい恭ちゃんにも限界が来ていた。紅葉も「お父さんに、会いたいと」言う日々が続き恭ちゃんは、娘を育てるのがイヤになって自分の実家へ一時期紅葉を預けて恭ちゃんは、考え混んだ。
考えてる途中に翔ちゃんが帰ってきた。恭ちゃんは、慌てて裏口から飛び出し逃げた。そして1人で公園のブランコに乗って暇をつぶしていた、すると翔ちゃんが迎えに来てくれた。
恭ちゃんは、逃げようとする手を翔ちゃんは、握りしめて一回自宅へ戻した。
すると恭ちゃんは、言った「翔ちゃんさ…私と紅葉と食事などした事ある?ないよ」と聞くと
翔ちゃんは、言った「恭ちゃん?紅葉はどこだ!」と聞くと恭ちゃんは、受話器を取り翔ちゃんに渡した。翔ちゃんは、恭子の実家へ電話すると紅葉が出た。紅葉は言った「音城ですけど…誰ですか?」と聞く紅葉。翔ちゃんは、「言う言葉を失った。」恭ちゃんが言った「紅葉は、もう4歳だから翔ちゃんの事知らないと思うの!だって翔ちゃん、紅葉が1歳の時に大塚製薬へ勤務しに出ていったじゃない!そりゃ〜紅葉も、分からないよ!」と言うと翔ちゃんは、恭ちゃんにキスを交わした。恭ちゃんは、戸惑いまた…飛び出し今度は、実家へ行ったすると恭子の母である加代子が出てきた。「恭子どうしたの?今…紅葉ちゃんは、お勉強してるわよ!私立の小学校に受かったのよ!」と母が言った。すると紅葉が出てきて言った「お迎えに来てくれたんだ」と紅葉が聞くと恭子は、黙ったままで涙を流して座りこんだ。母は、恭子を一旦家へ上げて話を聞いてあげた、すると玄関のチャイムが、鳴った。多分翔ちゃんだと、恐怖を感じていたら父が帰宅して来た。
恭子は、父の方を向いて事情を説明した。すると父は、怒りのあまり翔ちゃんの所へ押し付けて行った。すると翔ちゃんが大塚製薬へ帰ろうと準備をしている時だった。父は、「翔平〜と言い怒鳴った。」すると翔ちゃんは、父に行った「恭子さんをください〜」と言うと。

つづく
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう