ひょうし/小説を書こう
小せつ・詩のタイトル:薔薇刀 壱
作者:エノモン氏 中学1年男子
剣舞おわた\(^o^)/新連載やるンゴw見てのお楽しみンゴw思いつきで書いたンゴw
ひー/中1 女子 /no.9241-1 [削除]
あらぁ今回は西洋のお話なのね、すごいっすね←
好きです。頑張れ()
エノモン氏(ゲスト)/中学1年 男子 /no.9241-2 [削除]
ひーちゃんコメント有難う!
西洋のお話です。あの有名な「ハリー◯ッター」を見て思い付いた駄作品です()
ひー/中1 女子 /no.9241-3 [削除]
二度目。アドバイス。です。←
瞑れる、じゃなくて潰れる、だと思いますっていうのがまずひとつ。

あとは、えーと、随分偉そうな言い方にはなってしまうんですけど、漢字使ってるのはかっこいいし、素敵だと思います。でも、今回は寧ろ使いすぎていて読みにくい…というか。読めなかったわけじゃないんです。難しいとかそういう問題でもなくて。
なんとなく、漢字だらけで、違和感を感じるんですよね…すみません。私の主観ですので悪しからず…。
儘、とか寶、とかも全然読めるんですけど、読みにくいです。意味のまったく違う漢字と漢字が並ぶと読みにくいじゃないですか。文法的には間違ってはいないんですけどね。例えば、私が上に書いた「随分偉そうな」とありますが、このように意味の異なる漢字(熟語)が連なっているより、「ずいぶん偉そうな」のほうが読みやすく、読み取りやすいですよね? 試しに、この作品の「儘」「寶」などをひらがなに直して読んでみてください。絶対にそっちのほうが読み易いはず!! こういうことなんです。
「此高校」「此雑草」より「この高校」「この雑草」、最低でも「此の高校(雑草)」のほうが読み易いです。
剣舞の6にアドバイスとしてまたコメントさせて頂いたのですが、形式名詞というものもありますので、そこらへんも参考にして頂ければ、もっと視覚的に読み易い文章になるかと。剣舞6のほうでは文法がどうとか言っていますが、文法だけを大事にしていても読みにくい文章になってしまうんです。日本語ってすごく難しいです。語尾だけで意味が変わったり、同じ読みでも漢字が違えば意味が変わったり。
でも、日本語には古来からのひらがな、漢字、カタカナと、三つの表記方法があります。それが外国人に難しいと思われる原因ですが、それでも外国人が面白いと思うのもその点なんです。日本語ってすごく難しくて、面白い。だからこそ、唯一日本語を使う日本人はそれを上手く、綺麗に、読み易く書くのが義務だと私は思いますね。

持論や主観をぼろぼろとぶちまけました。すみません。
上にも書きましたが、剣舞6のほうでもアドバイスさせて頂いてます。そちらもご覧になったほうが、上の説明は尚分かりやすいかと。
偉そうにすみませんでした……。
長文、駄文失礼いたしました。
エノモン氏(ゲスト)/中学1年 男子 /no.9241-4 [削除]
開いてみると…素晴らしいアドバイスッ!!!!有難う!!
漢字好きなんだよね(書くのは下手)←
確かに…でも読み手の気持ちを考えながら書いても難しいんだよね、小説って難しいね…(汗)
ひーちゃんは凄いなぁ。読み易くてしかも文がかっこいいっていうかねぇ…尊敬してるなぁ。
剣舞6のコメ、気付いてなかった…ごめんね、こんな俺の為に時間を使って書いてくれたのに(焦)
アドバイスを糧にして、今度からより良い小説を作ろうと思います( ^ω^ )有難う!!
のんこ/6年生 女子 /no.9241-5 [削除]
うわぉ…
ひー様のアドバイスに尊敬する()
ひー様のアドバイスで気づかせてもらった。日本語って素晴らしい‼‼
この日本語だからこそ、小説とかも面白く読めるんだろうな…って改めて日本語の凄さに感動
やっぱ日本って凄いな。
あー、日本で生まれて、良かった!

あ、あと、なんて言ったらいいかわからんけど、凄いわ、うん。凄い。
思いつきで書いたっていうレベルが凄いわ。
芯筆(∩´∀`)∩/6年生 女子 /no.9241-6 [削除]
そだね・・・読みにくいかな・・・途中で読む意思を失った(読めないものが・・・)
エノモン氏(ゲスト)/中学1年 男子 /no.9241-7 [削除]
芯筆ちゃんコメント有難う( ^ω^ )読み難かったね…すまんなぁ…
エノモン氏(ゲスト)/中学1年 男子 /no.9241-8 [削除]
のんこちゃんコメント有難うンゴ☆
ひーちゃんのadviceほんと神やんねぇ……
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう