ひょうし/小説を書こう
小せつ・詩のタイトル:鍋焼きうどん
作者:パラソル 中学3年女子
お腹がすいた時おススメしまーす。
ぴょん(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-1 [削除]
なぁ。お前シオネだろ?又の名を、バナチョコ、よしるね、白ブドウ((ry
偽名使って暴れてんじゃん。ねぇ?
パラソル(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-2 [削除]
ぴょんさん?私は、あばれてませんよ!
黒(ゲスト)/6年生 男子 /no.9206-3 [削除]
いや、もうネタは上がってんだ(言ってみたかっただけ)
お前の前の作品見たんだけどさ、中学三年生女子で、「笑」で、最新のもの紹介してて、もう何もかもがバナチョコ、モモ、シオネetcなんだわ。
いつも学年性別は中学三年生女子だし、みるくぱんさんと友達辞めるとか言った時も確か「笑」使ってましたし。あとバナチョコチャンネルでスクイーズ紹介してたもんね。覚えてるよ。
あんた反省したんじゃないの?本当に、心底呆れた。
とりま「乙」
雪塩(ゲスト)/6年生 女子 /no.9206-4 [削除]
どうしましたか?
悩み事でもありましたか?じゃあ相談聞いてあげますよ。
黒(ゲスト)/6年生 男子 /no.9206-5 [削除]
そうですね。雪塩さん、じゃあ質問します。
なんで名前変えてるの?しかも何度も。
だだfby(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-6 [削除]
モブさんカワイソス。そしてルナちゃん安定のかっこよさ。
ルナちゃんがサイコパスにしか見えない(適当)
面白かったです。
ありがとうございます〜!!

ルナちゃんは、戦いの時だけサイコパスになります。はい。
普段は温厚でふわふわした子なんですよ?なんていうか、マイペース?なんですよ。
四股もがれた天使族...
めちゃ痛そうw
ねぇねぇ、まだ教えてくれないの?教えてくれるまでずっとこうだよ?」

ルナの目の前には四肢をもがれ、横たわる天使族の姿。
先程から、ルナは残酷な行為を続けている。
それは、虫の息の天使族が意識を手放そうとすれば、即座にその意識を捕まえ、引き戻し同じ事を聞くというものだ。

「ねぇ、ねぇ〜!」
「…う…あ…い…ったら…」
「ん?なぁに?やっと教えてくれるの?」
「お…しえる…その…かわり…おし…え…たら…ころ…して…く…れ…」
「いいよ、いいよ〜!じゃ、教えて?最古の銃はどこ?」
「明確な…場所は…知らない…だが…置いて、あると、思われる…場所は………………だ」
「うんうん、ありがと!よく分かったよ!じゃ、バイバーイ☆」

ドンッ

「さてと…あそこかぁ…流石に見つからないのは無理だよね…魔法は極力使わないようにしよ…えっと、マントと手袋…」

ルナは近くに脱ぎ捨ててあったマントと手袋を拾い、着ると、教えてもらった方角に走りだした。

…もちろん、ここは天使族領なので、天使族に見つかった。

「なっ、侵入sy「うるさいよ」

見つかれば、銃を撃ち、息の音を止め、ひたすら同じ方角に走る。

兎に角、ひたすら走っていたルナが唐突に足を止めた。

「ここだ。入り口はどこ?」

そこには、何もなく、ただ広い空間があるだけだった。

「んー。考えられるとすれば…」

ルナは拳銃を腰のホルダーにしまうと、手袋を外し、床に手を当てる。

「せーのっ!」

ルナの掛け声と共に爆発が起きる…が

「何も…起こらない…んー。んー?」

ルナは床の下に階段があると思っていたが、そこにはただ、床があるだけ。

「えー、うーん…あっ!まさか…?でも…よし、ダメ元でやってみよ!」

ルナは再度床に手を当てると、目を閉じた。すると…?
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
という音と共に、階段が現れた。

「やっぱり、魔力というより、想像力の問題なのね〜!ま、道も見つけたし進もう!」

ルナは自分の想像力を利用して作り出した階段を一段一段降り始めた。
k vgjg j ybtgbヴぉヴィyihuyvitおい湯HggHGGHgg土t4qヴちhウイいと尾jjkjtkjvhjンktj穂よ越智いいいいっ曽いい不©6drddjftggggfxxz5tyyt9tqvgtヴyっ不jmhンjgjgrQvうhthvhjHhhghhhgg不hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh今日は、鍋焼きうどんの日。桜田家では毎月25日が鍋焼きうどんの日と決めている。
そこに住んでいる礼子は、子ども達に鍋焼きうどんを夕方の5時から大体7食分を作る。
夕方は、子供を小学校と保育園までお迎えに行ってTから作るのだ。時間がないときは、
惣菜で我慢する25日もあったりはするがあまりない。夫は選挙が近いので準備に急ぐ日々。
そこに娘の礼佳が来て父親に言う「おとうさん、忙しいの?、勇人も寂しがってたよ」と
礼佳が言っていると父親はすぐに勇人の所へ行き抱いた。勇人も父親から抱かれるぬくもりを
感じたのだった。そんなある日、鍋焼きうどんが家から消えたのだ。
礼子は、急いで家中を探し回った、ドタバタドタバタと家中を走り回る礼子。
だって礼子も家族も大好きな鍋焼きうどんが消えたというショックのあまり泣き叫びました。
そこへ近所の方から電話がありました。「礼子さん!この鍋焼きうどん、あんたんちのよ」と
電話が掛かってきました。礼子は一瞬「えっ」となりましたが気持ちよく受け止めた礼子。
今日は礼子の誕生日でもあったので鍋焼きうどんの日を25日としたと思いました。
礼佳は言いました「お母さん、はい!誕プレ!お母さんの好きなティファニーのネックレス。
欲しかったんでしょ?」と言うと礼子は、「ありがとう。」と言った礼子。
そして夫からは緑色の財布でした。「誕生日おめでとう」と夫からも言ってもらいました。
勇人からは、スマホケースをプレゼントしてもらいました。礼子の笑顔を見れたのがこれで
最初での笑顔でした。
そして大好きな家族全員の大好物でした。






モブさんカワイソス。そしてルナちゃん安定のかっこよさ。
ルナちゃんがサイコパスにしか見えない(適当)
面白かったです。
ありがとうございます〜!!

ルナちゃんは、戦いの時だけサイコパスになります。はい。
普段は温厚でふわふわした子なんですよ?なんていうか、マイペース?なんですよ。
四股もがれた天使族...
めちゃ痛そうw
ねぇねぇ、まだ教えてくれないの?教えてくれるまでずっとこうだよ?」

ルナの目の前には四肢をもがれ、横たわる天使族の姿。
先程から、ルナは残酷な行為を続けている。
それは、虫の息の天使族が意識を手放そうとすれば、即座にその意識を捕まえ、引き戻し同じ事を聞くというものだ。

「ねぇ、ねぇ〜!」
「…う…あ…い…ったら…」
「ん?なぁに?やっと教えてくれるの?」
「お…しえる…その…かわり…おし…え…たら…ころ…して…く…れ…」
「いいよ、いいよ〜!じゃ、教えて?最古の銃はどこ?」
「明確な…場所は…知らない…だが…置いて、あると、思われる…場所は………………だ」
「うんうん、ありがと!よく分かったよ!じゃ、バイバーイ☆」

ドンッ

「さてと…あそこかぁ…流石に見つからないのは無理だよね…魔法は極力使わないようにしよ…えっと、マントと手袋…」

ルナは近くに脱ぎ捨ててあったマントと手袋を拾い、着ると、教えてもらった方角に走りだした。

…もちろん、ここは天使族領なので、天使族に見つかった。

「なっ、侵入sy「うるさいよ」

見つかれば、銃を撃ち、息の音を止め、ひたすら同じ方角に走る。

兎に角、ひたすら走っていたルナが唐突に足を止めた。

「ここだ。入り口はどこ?」

そこには、何もなく、ただ広い空間があるだけだった。

「んー。考えられるとすれば…」

ルナは拳銃を腰のホルダーにしまうと、手袋を外し、床に手を当てる。

「せーのっ!」

ルナの掛け声と共に爆発が起きる…が

「何も…起こらない…んー。んー?」

ルナは床の下に階段があると思っていたが、そこにはただ、床があるだけ。

「えー、うーん…あっ!まさか…?でも…よし、ダメ元でやってみよ!」

ルナは再度床に手を当てると、目を閉じた。すると…?
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
という音と共に、階段が現れた。

「やっぱり、魔力というより、想像力の問題なのね〜!ま、道も見つけたし進もう!」

ルナは自分の想像力を利用して作り出した階段を一段一段降り始めた。
k vgjg j ybtgbヴぉヴィyihuyvitおい湯HggHGGHgg土t4qヴちhウイいと尾jjkjtkjvhjンktj穂よ越智いいいいっ曽いい不©6drddjftggggfxxz5tyyt9tqvgtヴyっ不jmhンjgjgrQvうhthvhjHhhghhhgg不hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh 今日は、鍋焼きうどんの日。桜田家では毎月25日が鍋焼きうどんの日と決めている。
そこに住んでいる礼子は、子ども達に鍋焼きうどんを夕方の5時から大体7食分を作る。
夕方は、子供を小学校と保育園までお迎えに行ってTから作るのだ。時間がないときは、
惣菜で我慢する25日もあったりはするがあまりない。夫は選挙が近いので準備に急ぐ日々。
そこに娘の礼佳が来て父親に言う「おとうさん、忙しいの?、勇人も寂しがってたよ」と
礼佳が言っていると父親はすぐに勇人の所へ行き抱いた。勇人も父親から抱かれるぬくもりを
感じたのだった。そんなある日、鍋焼きうどんが家から消えたのだ。
礼子は、急いで家中を探し回った、ドタバタドタバタと家中を走り回る礼子。
だって礼子も家族も大好きな鍋焼きうどんが消えたというショックのあまり泣き叫びました。
そこへ近所の方から電話がありました。「礼子さん!この鍋焼きうどん、あんたんちのよ」と
電話が掛かってきました。礼子は一瞬「えっ」となりましたが気持ちよく受け止めた礼子。
今日は礼子の誕生日でもあったので鍋焼きうどんの日を25日としたと思いました。
礼佳は言いました「お母さん、はい!誕プレ!お母さんの好きなティファニーのネックレス。
欲しかったんでしょ?」と言うと礼子は、「ありがとう。」と言った礼子。
そして夫からは緑色の財布でした。「誕生日おめでとう」と夫からも言ってもらいました。
勇人からは、スマホケースをプレゼントしてもらいました。礼子の笑顔を見れたのがこれで
最初での笑顔でした。
そして大好きな家族全員の大好物でした。
































ふじ(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-7 [削除]


なぁ。お前シオネだろ?又の名を、バナチョコ、よしるね、白ブドウ((ry
偽名使って暴れてんじゃん。ねぇ?







パラソル(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-2 [削除]

ぴょんさん?私は、あばれてませんよ!







黒(ゲスト)/6年生 男子 /no.9206-3 [削除]

いや、もうネタは上がってんだ(言ってみたかっただけ)
お前の前の作品見たんだけどさ、中学三年生女子で、「笑」で、最新のもの紹介してて、もう何もかもがバナチョコ、モモ、シオネetcなんだわ。
いつも学年性別は中学三年生女子だし、みるくぱんさんと友達辞めるとか言った時も確か「笑」使ってましたし。あとバナチョコチャンネルでスクイーズ紹介してたもんね。覚えてるよ。
あんた反省したんじゃないの?本当に、心底呆れた。
とりま「乙」







雪塩(ゲスト)/6年生 女子 /no.9206-4 [削除]

どうしましたか?
悩み事でもありましたか?じゃあ相談聞いてあげますよ。







黒(ゲスト)/6年生 男子 /no.9206-5 [削除]

そうですね。雪塩さん、じゃあ質問します。
なんで名前変えてるの?しかも何度も。







だだfby(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-6 [削除]

モブさんカワイソス。そしてルナちゃん安定のかっこよさ。
ルナちゃんがサイコパスにしか見えない(適当)
面白かったです。
ありがとうございます〜!!

ルナちゃんは、戦いの時だけサイコパスになります。はい。
普段は温厚でふわふわした子なんですよ?なんていうか、マイペース?なんですよ。
四股もがれた天使族...
めちゃ痛そうw
ねぇねぇ、まだ教えてくれないの?教えてくれるまでずっとこうだよ?」

ルナの目の前には四肢をもがれ、横たわる天使族の姿。
先程から、ルナは残酷な行為を続けている。
それは、虫の息の天使族が意識を手放そうとすれば、即座にその意識を捕まえ、引き戻し同じ事を聞くというものだ。

「ねぇ、ねぇ〜!」
「…う…あ…い…ったら…」
「ん?なぁに?やっと教えてくれるの?」
「お…しえる…その…かわり…おし…え…たら…ころ…して…く…れ…」
「いいよ、いいよ〜!じゃ、教えて?最古の銃はどこ?」
「明確な…場所は…知らない…だが…置いて、あると、思われる…場所は………………だ」
「うんうん、ありがと!よく分かったよ!じゃ、バイバーイ☆」

ドンッ

「さてと…あそこかぁ…流石に見つからないのは無理だよね…魔法は極力使わないようにしよ…えっと、マントと手袋…」

ルナは近くに脱ぎ捨ててあったマントと手袋を拾い、着ると、教えてもらった方角に走りだした。

…もちろん、ここは天使族領なので、天使族に見つかった。

「なっ、侵入sy「うるさいよ」

見つかれば、銃を撃ち、息の音を止め、ひたすら同じ方角に走る。

兎に角、ひたすら走っていたルナが唐突に足を止めた。

「ここだ。入り口はどこ?」

そこには、何もなく、ただ広い空間があるだけだった。

「んー。考えられるとすれば…」

ルナは拳銃を腰のホルダーにしまうと、手袋を外し、床に手を当てる。

「せーのっ!」

ルナの掛け声と共に爆発が起きる…が

「何も…起こらない…んー。んー?」

ルナは床の下に階段があると思っていたが、そこにはただ、床があるだけ。

「えー、うーん…あっ!まさか…?でも…よし、ダメ元でやってみよ!」

ルナは再度床に手を当てると、目を閉じた。すると…?
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
という音と共に、階段が現れた。

「やっぱり、魔力というより、想像力の問題なのね〜!ま、道も見つけたし進もう!」

ルナは自分の想像力を利用して作り出した階段を一段一段降り始めた。
k vgjg j ybtgbヴぉヴィyihuyvitおい湯HggHGGHgg土t4qヴちhウイいと尾jjkjtkjvhjンktj穂よ越智いいいいっ曽いい不©6drddjftggggfxxz5tyyt9tqvgtヴyっ不jmhンjgjgrQvうhthvhjHhhghhhgg不hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh今日は、鍋焼きうどんの日。桜田家では毎月25日が鍋焼きうどんの日と決めている。
そこに住んでいる礼子は、子ども達に鍋焼きうどんを夕方の5時から大体7食分を作る。
夕方は、子供を小学校と保育園までお迎えに行ってTから作るのだ。時間がないときは、
惣菜で我慢する25日もあったりはするがあまりない。夫は選挙が近いので準備に急ぐ日々。
そこに娘の礼佳が来て父親に言う「おとうさん、忙しいの?、勇人も寂しがってたよ」と
礼佳が言っていると父親はすぐに勇人の所へ行き抱いた。勇人も父親から抱かれるぬくもりを
感じたのだった。そんなある日、鍋焼きうどんが家から消えたのだ。
礼子は、急いで家中を探し回った、ドタバタドタバタと家中を走り回る礼子。
だって礼子も家族も大好きな鍋焼きうどんが消えたというショックのあまり泣き叫びました。
そこへ近所の方から電話がありました。「礼子さん!この鍋焼きうどん、あんたんちのよ」と
電話が掛かってきました。礼子は一瞬「えっ」となりましたが気持ちよく受け止めた礼子。
今日は礼子の誕生日でもあったので鍋焼きうどんの日を25日としたと思いました。
礼佳は言いました「お母さん、はい!誕プレ!お母さんの好きなティファニーのネックレス。
欲しかったんでしょ?」と言うと礼子は、「ありがとう。」と言った礼子。
そして夫からは緑色の財布でした。「誕生日おめでとう」と夫からも言ってもらいました。
勇人からは、スマホケースをプレゼントしてもらいました。礼子の笑顔を見れたのがこれで
最初での笑顔でした。
そして大好きな家族全員の大好物でした。






モブさんカワイソス。そしてルナちゃん安定のかっこよさ。
ルナちゃんがサイコパスにしか見えない(適当)
面白かったです。
ありがとうございます〜!!

ルナちゃんは、戦いの時だけサイコパスになります。はい。
普段は温厚でふわふわした子なんですよ?なんていうか、マイペース?なんですよ。
四股もがれた天使族...
めちゃ痛そうw
ねぇねぇ、まだ教えてくれないの?教えてくれるまでずっとこうだよ?」

ルナの目の前には四肢をもがれ、横たわる天使族の姿。
先程から、ルナは残酷な行為を続けている。
それは、虫の息の天使族が意識を手放そうとすれば、即座にその意識を捕まえ、引き戻し同じ事を聞くというものだ。

「ねぇ、ねぇ〜!」
「…う…あ…い…ったら…」
「ん?なぁに?やっと教えてくれるの?」
「お…しえる…その…かわり…おし…え…たら…ころ…して…く…れ…」
「いいよ、いいよ〜!じゃ、教えて?最古の銃はどこ?」
「明確な…場所は…知らない…だが…置いて、あると、思われる…場所は………………だ」
「うんうん、ありがと!よく分かったよ!じゃ、バイバーイ☆」

ドンッ

「さてと…あそこかぁ…流石に見つからないのは無理だよね…魔法は極力使わないようにしよ…えっと、マントと手袋…」

ルナは近くに脱ぎ捨ててあったマントと手袋を拾い、着ると、教えてもらった方角に走りだした。

…もちろん、ここは天使族領なので、天使族に見つかった。

「なっ、侵入sy「うるさいよ」

見つかれば、銃を撃ち、息の音を止め、ひたすら同じ方角に走る。

兎に角、ひたすら走っていたルナが唐突に足を止めた。

「ここだ。入り口はどこ?」

そこには、何もなく、ただ広い空間があるだけだった。

「んー。考えられるとすれば…」

ルナは拳銃を腰のホルダーにしまうと、手袋を外し、床に手を当てる。

「せーのっ!」

ルナの掛け声と共に爆発が起きる…が

「何も…起こらない…んー。んー?」

ルナは床の下に階段があると思っていたが、そこにはただ、床があるだけ。

「えー、うーん…あっ!まさか…?でも…よし、ダメ元でやってみよ!」

ルナは再度床に手を当てると、目を閉じた。すると…?
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
という音と共に、階段が現れた。

「やっぱり、魔力というより、想像力の問題なのね〜!ま、道も見つけたし進もう!」

ルナは自分の想像力を利用して作り出した階段を一段一段降り始めた。
k vgjg j ybtgbヴぉヴィyihuyvitおい湯HggHGGHgg土t4qヴちhウイいと尾jjkjtkjvhjンktj穂よ越智いいいいっ曽いい不©6drddjftggggfxxz5tyyt9tqvgtヴyっ不jmhンjgjgrQvうhthvhjHhhghhhgg不hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh 今日は、鍋焼きうどんの日。桜田家では毎月25日が鍋焼きうどんの日と決めている。
そこに住んでいる礼子は、子ども達に鍋焼きうどんを夕方の5時から大体7食分を作る。
夕方は、子供を小学校と保育園までお迎えに行ってTから作るのだ。時間がないときは、
惣菜で我慢する25日もあったりはするがあまりない。夫は選挙が近いので準備に急ぐ日々。
そこに娘の礼佳が来て父親に言う「おとうさん、忙しいの?、勇人も寂しがってたよ」と
礼佳が言っていると父親はすぐに勇人の所へ行き抱いた。勇人も父親から抱かれるぬくもりを
感じたのだった。そんなある日、鍋焼きうどんが家から消えたのだ。
礼子は、急いで家中を探し回った、ドタバタドタバタと家中を走り回る礼子。
だって礼子も家族も大好きな鍋焼きうどんが消えたというショックのあまり泣き叫びました。
そこへ近所の方から電話がありました。「礼子さん!この鍋焼きうどん、あんたんちのよ」と
電話が掛かってきました。礼子は一瞬「えっ」となりましたが気持ちよく受け止めた礼子。
今日は礼子の誕生日でもあったので鍋焼きうどんの日を25日としたと思いました。
礼佳は言いました「お母さん、はい!誕プレ!お母さんの好きなティファニーのネックレス。
欲しかったんでしょ?」と言うと礼子は、「ありがとう。」と言った礼子。
そして夫からは緑色の財布でした。「誕生日おめでとう」と夫からも言ってもらいました。
勇人からは、スマホケースをプレゼントしてもらいました。礼子の笑顔を見れたのがこれで
最初での笑顔でした。
そして大好きな家族全員の大好物でした。




黒(ゲスト)/6年生 男子 /no.9206-8 [削除]
低 脳 乙
ぴょん(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-9 [削除]
荒らしガチ低脳( ^ω^ )
パラソル(ゲスト)/6年生 女子 /no.9206-10 [削除]
はっ、すいません。ねこぴーをやめたのでコメントNGでお願いします。
叔母さん。
どうぞ私がいないねこぴーを楽しんで。
長文はいたしません。分かりましたか?耳はきこえましたか?
ぴょん(ゲスト)/中学3年 女子 /no.9206-11 [削除]
辞めたんだったら来るなって話。
辞めるも辞めねぇも他人事だしどうでもいい。辞めたら辞めたでちょっと嬉しいが。
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう