ひょうし/小説を書こう
小せつ・詩のタイトル:学校の掟10
作者:リート 中学1年女子
すいませんでしたぁぁぁーっ!冒頭見てください!間違いが!
芯筆(∩´∀`)∩/5年生 女子 /no.8656-1 [削除]
旧校舎・・・先生辞めてやれよ・・辞めろよ・・・泣くぞ泣いちゃうぞ
泣いて転がりまわるぞ・・・?
リート(ゲスト)/中学1年 女子 /no.8656-2 [削除]
中村「ハハハ、やめないぞ。私は基本的に鈴蘭、若林、宮本などの模範生徒には
  優しいぞ?」
一華「差別だぁぁぁぁぁあああっ!」
まかろん(^ω^)/中1 女子 /no.8656-3 [削除]
遥日『そっと握っていく。』
まかろん「え、やめっ………((ぴちゅーーーーん」
リート(ゲスト)/中学1年 女子 /no.8656-4 [削除]
一華「そうそう!私がだぁいじな友達を絞め殺すわけないさぁ!」
涼火「あぁ。だから・・・」
一華「???涼火、君は一体何をしてるんだい?わからないだろうからいうけど
   その関節はそっちには曲らないんだよぉぉぉぁぁぁああああああ!」
涼火「どうしたんだ?私は握手を友達としてるだけだよ、関節技という握手を(*^。^*)」
おなまえはハンドルネームでいいです。
ID
パスワード 
ハンドルネームの後に(本人)をつける つけない
 ログインすると、IDなどが自動的に入ります。
お名前 
男女 女の子  男の子
学年 1年生  2年生  3年生  4年生  5年生  6年生
ようちえん  中学1年  中学2年  中学3年  大人
かんそう