ひょうし/自由掲示版
2月12日20時7分/No.1602
図書館にありそうなBL臭のする一般書はないか血眼になってネットをうろついてるんだけど中々難しい。堀辰雄の「燃ゆる頬」とかも読んだけど、やっぱり書き方が遠回りでイマイチよく分からぬ…。文豪の小説って読みにくいんだよな、正直。「少年」(川端康成)と、「夏の塩」「夏の子供」っていうシリーズ全二巻と、「聖なる黒夜」っていう小説たちを探してるんだけど、前者ふたつは絶版なんだよね…つらい。読みたい。
川端康成の少年は前々から読みたいと思ってたし……でもないんだよなぁ、青空文庫にも多分著作権期限がまだ切れていないからか入ってない。夏の〜シリーズはそもそももう絶版。きつい。
はあああああああああなんか一般書だけどBL臭のする文章の綺麗な小説知りませんかぁああぁぁ??!!?!?
ラノベは嫌なんだよね。文章が雑で清廉さを感じないから。プロの作家が書いた美しい文章が読みたい。
※この掲示板(けいじばん)は、新しい発言は下に追加されていきます。