ひょうし/自由掲示版
11月30日17時59分/No.1350
は??? 明日までに生徒会誌のクラスページ完成させろだと??? は?????
しかも12/8までに本気絵3枚入稿しろだと????? は???????
高校生鬼畜やん←
生徒会誌委員会なんだけど、一昨日急にクラスページ描けと言われたのに今日本気絵を3枚入稿しろだって。しぬね。
≫≫てかなんで美術班でもないのに絵を入稿≪≪
あと土曜日がうちの中学の受験だね(どうでもいい)。そのおかげで12/2、3、4、5と四連休だよやったね。そのときに絵描けっていうんだね。しぬね。
ははははうちの学校を受ける小6受験生よ苦しめ苦しめははははは←
※この掲示板(けいじばん)は、新しい発言は下に追加されていきます。 
今日苦しんできました←
狛羽/6年生 女子/12月1日15時24分/No.1350-1 削除
お疲れ様←え
ひー/中1 女子/12月2日14時37分/No.1350-2 削除
そして落ちました
狛羽/6年生 女子/12月2日20時0分/No.1350-3 削除
あら……第一志望とか第二志望とかあったっけ……?

おちたとしても、今までの努力は将来狛羽さんを裏切らないよ、絶対に。努力は嘘をつきません。これまでの努力は、どこかで必ず貴女の力になります。自信もって!!

まだ残りがあるなら、頑張れ!! 多分残りはあっても受験まではあと少しだよね。
多分入試の答案は返ってこないから分かりにくいだろうけど、なにが悪かったのか、なにがいけなかったのか。それを自分で考えて、立ち直すために努力してください!! (狛羽さんの受けた入試がどういうタイプかは知らないけれど)例えば、面接が悪かったのか?それとも作文か?筆記か?筆記だとすれば、書けなかったところはどういう問題だっただろう?(書けてても間違えてる問題は、おそらく私たちからは解りません。入試の答案って大抵は返すものじゃないからです)

こういうことを考えて改善の為に尽力できる人は成功します!! たとえ今の時点で失敗しても、絶対に将来役立ちます。自分の改善点や悪かったところを自分で理解するって結構難しいです。でもそれをできるようになったらいいですよね!!


時間を大事に、有効に使ってください。最後に、勉強へのやる気を出す環境と心持ち、伸びるお勉強のコツについて教えてあげましょう☆

☆朝起きたらまずは外の空気を吸え
どうやら、研究上で既に実証されているようです。朝の空気と陽射しには、脳の回転を活発にする機能があるらしいですよ!!

☆50分勉強、5分休憩を繰り返す
人間、本当の集中力が続くのってせいぜい50分くらいなんだそうです。頑張って60分。家であれば尚更、誘惑やらも多くある場所ですからね、集中力は当然、学校や受験会場にいるときよりも下がります。なので、50分は本気で集中して勉強しましょう。でもそのあと5分から10分は休憩です。
でもこのときに、漫画や本を読んではいけませんよ。時間って早く過ぎますし、何より脳を休めるための休憩ですから、文字を読んだら意味がありません。タイマーを休憩する時間分(たとえば5分)にセットして、しばらくぼーっとしたり、外の空気を吸ったり、ストレッチをするなどの軽い運動をしたりしましょう。
それが終わったら、また50分本気で集中勉強です。そのあとまたさっきと同じぶんだけ休憩。これを繰り返すだけで、一回の勉強の質が変わるらしいです。

☆3分解らない答えをチラ見しろ
これは結構有名ですよね。ずーっと悩んでても、人間解らないものは解りません。3分わからない問題は、答えをチラ見してください。答えじゃなくても、解説でも構いません。解説から、答えから正当を導き出すのも大事です。

☆問題に正解したら大袈裟に喜べ
これ大事です!!! お勉強って結局はモチベーションなんですよね。モチベーション下がったら、「あー、全然分からない。意味不明。もうやる気でない」ってなるじゃないですか。そうならないように、たとえ上のようにして導き出した答えだとしても、正解したら大袈裟にやったぁ!!!解けた!!! って喜んでください!! すると、自分の気持ちもよっしゃぁ、次もやってやる!! ってなりますし、脳も「お、やる気!!」ってやる気の波動的なのを感じるらしくて、やる気が増幅されるんですって。
問題が解けたら「よっしゃぁああ!!! 次も正解してやるぞ!!!」って喜びましょう!!

☆問題を「解く」だけではいけない
学校で、公式って習いますよね。正直私の持論としては、公式って必要ないんです。だって、「どうしてその立式になるのか」「どうしてその答えになるのか」という理屈が分かれば、公式なんてなくても問題は解けるからです。文章題を解くとき、ただ公式にそって解くだけでなく、「なぜそうなるのか」という根拠を明確化して考えましょう。小学校の頃からこれをやっていれば、普通の中学校ならだいぶ普通の子と差がつきます。進学校ではこれができる子は多いですが、根拠を明確化できるのは決して損ではありません。大事です。重要です。
私の行っている進学校の数学科の先生は「なぜそうなるのか」「なぜその立式に至ったのか」を明確にして解く過程を記述せよ、という問題を多くだします。要は、解く過程です。解いて終わりにしないでください。「解く過程」と「根拠・理屈」を大切にしながら問題を解きましょう。

☆間違えた問題はくりかえす
これも重要です。絶対に放置しないでください。雪だるま式に大きくなっていきます、そのギモン。
放置は絶対にしてはいけないことです。間違えた・解けなかった問題はできるようになるまで繰り返しましょう。受験までの期間が短かったら、最悪立式だけでも構いません。だって、立式すればあとは解くだけですから。
勉強は頭だけを動かすのではありません。手を動かすことで、更に脳は活性化します。


長々とすみません。特に下ふたつは、今の学校の恩師がおっしゃっていることです。素晴らしい師に出会ったと思っています。上ふたつは実行したことはありませんが、どうやら科学的に実証されているようで…。
喜んだり、モチベーションを上げるのは超重要です。すべてに繋がります。


まだお受験が残っているのでしたら、頑張ってください!!!!!!!!!!!!!! 心から応援しています!!!!



[人は繰り返し行うことの集大成である。だから優秀さとは、行為でなく習慣なのだ。〜アリストテレス〜]


You can do it, fight!!!!!

ひー/中1 女子/12月2日21時27分/No.1350-4 削除